バーチャルVtuver豆猫さんの与太話

バーチャルVtuver(存在しないVtuberを装う遊びをする人) ※当ブログはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC. ウィザーズ・オブ・ザ・コーストのファンコンテンツ・ポリシー|WIZARDS OF THE COAST GAMES 連絡用Gmail:beencatsun@gmail.com

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート 超次元マジック世紀末環境【プレイテスト】vs【策略】

今回は胡乱鯖マジック・リーグの環境最先端の試合をレポートするよ!

 

パックを剥いてデッキを組むリミテッド戦とは思えない超次元マジックの世界の戦いを楽しんでいってほしい。

 

超次元マジックの初動は早い

 

「「ゲーム開始前!!」」

 

2人のプレイヤーの声が重なる。

 

超次元マジックの初動はゲーム開始前から始まるのだ。

 

「プレイテストカード、伝説の土地《Rift》! この土地は必ず初手に握ることができる!」

f:id:omamesensei:20211018111246j:plain

 

「策略カード《好都合な宣言》! デッキ枚数を削減! 25枚デッキでゲームを始めることができる!」

f:id:omamesensei:20211018111516j:plain

 

「更に秘策カード3枚を伏せてゲーム開始!」

f:id:omamesensei:20211018111706j:plain

 

 

先に仕掛けたのは《Rift》側のプレイヤー。

《太陽の指輪》からマナ・アーティファクト・クリーチャーを展開し序盤から莫大なマナを準備する。

f:id:omamesensei:20211018111944j:plain

 

f:id:omamesensei:20211018113752j:plain

 

 

《好都合な戦略》側のプレイヤーは島を置くだけの静かな立ち上がり。

 

莫大なマナを使い序盤から《残虐の執政官》を召喚しようとする《Rift》プレイヤー。

f:id:omamesensei:20211018112235p:plain

 

これを2マナカウンターの《差し戻し》でいなす。

f:id:omamesensei:20211018112327p:plain

 

しかし返しのターンに当然のようにまた出てくる残虐の執政官。

 

これを《論理の結び目》でカウンター。

f:id:omamesensei:20211018112549j:plain

 

返しのターンに秘策を公開。

f:id:omamesensei:20211018112637j:plain

 

《熟慮》を指定した《反復分析》が2枚。

f:id:omamesensei:20211018112747j:plain

 

2マナでカード3枚をドローして手札を一気に増やす。

 

《Rift》プレイヤーは《死の権威、リリアナ》を出す。

f:id:omamesensei:20211018113238j:plain

小マイナス能力で墓地から《残虐の執政官》をゾンビとして蘇らせる。

これにより執政官がハンデス・ドロー・ドレインと莫大なアドバンテージ差を生み出す。

 

 

《好都合な宣言》側のプレイヤーは《残虐の執政官》による手札破壊で、《臭い草のインプ》を捨てる。

f:id:omamesensei:20211018113220p:plain

 

ドローを置換して山札5枚を切削して墓地に置き、インプを墓地から手札に回収。

 

《残虐の執政官》を《応じ返し》でバウンスして延命を測る。

f:id:omamesensei:20211018114050p:plain

 

しかし、バウンスしても結局出し直された《残虐の執政官》に対する打ち消しを引き込めずに再びハンデスを仕掛けられる。

 

再びインプを捨て、ドローを発掘で置換。

 

山札が一瞬だけ空になるも墓地に落ちた《活力》が山札に戻り、残りライブラリーは1枚。

f:id:omamesensei:20211018114355j:plain

 

ここで策略側がゲームエンドに向けて仕掛ける。

 

ここまで来れば読者にも策略側の勝ち筋が読めてくるだろう。

ご存知、《研究室の偏執狂》だ。

f:id:omamesensei:20211018114618j:plain

 

後はドロースペルを唱えて残り1枚のデッキを引き切れば特殊勝利が確定する。

 

それに対応して《Rift》側のプレイヤーは更なるテストプレイカードを使用!

f:id:omamesensei:20211018114957j:plain

 

対象の場のカード1枚を「追放し、手札に戻し、それを捨てて、山札の一番上に置き、その後、戦場に出す」という破茶滅茶な領域移動カードだ。

 

これを執政官を対象に取って唱える。

執政官が色々な領域を巡って場に帰ってくれば、「戦場に出た時」の能力が誘発。

生贄要求能力で偏執狂を除去すれば、ライブラリアウト勝利が反転しライブラリアウト負けとなる。

 

…が!

 

ここで更に偏執狂側が対応!

f:id:omamesensei:20211018115508j:plain

 

《誤った指図》で、《The Grand Tour》の対象を執政官から横にいるマナ・クリーチャーへと変更。

 

マナ・クリーチャーが無駄に領域移動を繰り返して召喚酔いを起こしたところでドローが解決されゲームセット!

 

「カードがドローできないので、私の勝ちです」

 

わずか数ターンの攻防であった。

勝者は【策略偏執狂】!

 

…ブログの熱心な読者諸兄はまあ察しているだろうが。

 

うん、この策略側プレイヤーはもちろん私だ。

すまない。また私なんだ。

 

青単偏執狂から少し弄ってスゥルタイカラー(青緑黒)にした、このデッキが多分さいきょう!

 

でもマジック・リーグの奥は深い。

きっとこのデッキよりもヤバいデッキが生まれるに違いない。

 

いつか誰かが私を打ち負かすだろう。

 

f:id:omamesensei:20211018120208j:plain

 

広告

 

 

 

omamesensei2.hatenadiary.jp

 

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート 【赤白黒ダンジョン】vs【スリヴァー】

やあ!

バーチャルVtuverの豆猫さんだよ!

今回の胡乱鯖マジック・リーグで紹介するのはD&Dコラボパックを中心としたデッキと、

f:id:omamesensei:20211017192428p:plain

 

昔懐かしのスリヴァー・デッキとの対戦だ。

f:id:omamesensei:20211017192646j:plain

 

スリヴァーはデュエル・マスターズの漫画が、かつてMTGの対戦を扱っていた頃に切札勝舞が愛用していたクリーチャー・タイプだ。

 

ほぼ全てのスリヴァーは「スリヴァー」全体に効果や強化を付与するため、横並びするほどに強化されていくクリーチャー部族デッキ!

 

スリヴァー側はまず宝革スリヴァーからスタートを切る。

f:id:omamesensei:20211017193123p:plain

 

すべてのスリヴァーにマナ能力を付与するスリヴァーだ。

 

対して、D&D側は蛇人間ユアンティの冒険者を繰り出していく。

f:id:omamesensei:20211017193327p:plain

 

スリヴァー側は速攻を付与するスリヴァーを並べるも、パワーラインが冒険者に劣っているので攻め込むことができない。

 

ダメ押しのゴールドドラゴンの登場でスリヴァー側は一気に形勢不利となる。

f:id:omamesensei:20211017193656p:plain

 

ここでスリヴァー側は誘導スリヴァーの能力を使用。

f:id:omamesensei:20211017193830p:plain

 

スリヴァー・サイクリングでデッキから任意のスリヴァーをサーチできる。

 

探してきて公開したのは…

f:id:omamesensei:20211017194219p:plain

 

《巣想者スリヴ=ミゼット》(私訳)‼︎

 

ミステリーブースターのプレイテストカードで、《火想者ニヴ=ミゼット》の能力をスリヴァーに付与するスリヴァーだ。

f:id:omamesensei:20211017194515j:plain

 

返しのターンにスリヴァーたちのマナ能力を使い召喚し、さらにオーラ 呪文《鋭い感覚》を付けられる。

f:id:omamesensei:20211017194742p:plain

 

速攻を他のスリヴァーから共有されているためそのままアタック!

4点のダメージを与えると鋭い感覚の誘発型能力によって1枚ドロー。

 

ドローしたのでスリヴ=ミゼットの共有する誘発型能力で、全てのスリヴァーがプレイヤーに1点ダメージを与える。

 

スリヴ=ミゼット自身もこの能力で1ダメージを与えたので、鋭い感覚が再び誘発して1ドロー…

 

こ、これは…!?

ループコンボってコト!?

 

まさかの無限コンボでスリヴァー軍団の逆転勝利…!

 

まさかリミテッドで無限コンボが拝めるとは驚いたね…!

マジックリーグの可能性は無限大だ!

 

次はどんなデッキが現れるのか?

胡乱鯖マジックリーグの今後にも期待していて欲しい!

 

 

 

広告

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート【環境の解答】vs【1カードKill】

やあ、バーチャルVtuverの豆猫さんだよ。

 

今回は胡乱鯖マジック・リーグ環境の「解答」だと私が思った最強のデッキとその対戦を紹介するよ。

 

私が最強だと思うデッキは〜

この2枚のコンボデッキ!

f:id:omamesensei:20211016151615j:plainf:id:omamesensei:20211016151622j:plain

 

マジック・リーグのデッキの最小サイズは30枚。

これを5減少すると、25枚のデッキが組める。

 

ゲーム開始時に初期手札が7枚で、

残りデッキ18枚。

 

これをドローし切れば勝利というシンプルだが対策しづらいデッキだ。

 

デッキのスロットの大半は引きつすくためのドロー呪文が占めている。

 

ただ、土地から出るマナは基本的にドローに使うので対戦相手の妨害に回すマナはあまりない。

 

そこで、このデッキでは2種類の妨害を採用している。

 

ひとつ目は「ドローのついた打ち消し」

f:id:omamesensei:20211016152102p:plainf:id:omamesensei:20211016152252j:plain

 

そして、ふたつ目が「ピッチスペル(マナのいらない呪文)だ。

f:id:omamesensei:20211016152415p:plainf:id:omamesensei:20211016152504j:plain

 

さあ、実戦で最強のデッキを試してみよう!

 

対戦相手はひたすら島を開くだけで動いてこない。

 

こちらはドローを進めてデッキを削り、ついにしかける…!

 

残りデッキが2枚になったところで、

いよいよ特殊勝利カードを場に出して、《渦まく知識》で3枚ドロー…!

 

ここで今まで構えたまま何もしなかった相手が動く。

 

「それに対応して、《消えゆく希望》」

 

f:id:omamesensei:20211016152835p:plain

 

「なら、ピッチで《誤った指図》…ん…?」

 

対戦相手は何もクリーチャーを出していないので、指図で曲げる先がない…ッ!!

 

場から偏執狂が離れた状態でカードのない山札からドローしたため、ライブラリアウトで敗北。

 

1カードキル…。

 

どうやら、この環境は私が思うよりもまだまだずっと奥深いようだね。

 

新規参入者も増えて賑わい続ける胡乱鯖マジックリーグ。

これからもレポートするので、お楽しみに…!

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート 【チェイナー・リアニメイト】vs【最強ブレスト・コントロール】

やあ!

バーチャルVtuverの豆猫さんだよ。

今回のプレイレポートのマッチングは…

f:id:omamesensei:20211015163618j:plain

モダンホライゾン 2を中心にデッキを構築したプレイヤーと、

f:id:omamesensei:20211015163843j:plainf:id:omamesensei:20211015163859j:plain

ミステリーブースター1+コンスピラシー3パックで構築したデッキの対決となっている。

 

異次元のマジック対戦をご覧いただこう。

 

先にヤバい動きを仕掛けたのはミステリー&コンスピラシー。

 

同じ秘策を一気に2枚公開する。

f:id:omamesensei:20211015164436j:plainf:id:omamesensei:20211015164447j:plain

 

指定は2枚とも《渦まく知識》

f:id:omamesensei:20211015164526j:plain

 

コンスピラシーのコモンカードは通常パックのコモンよりも出やすく設定されているとは言え、流石にブレスト2枚積みは驚きである。

 

反復分析2枚によって強化されたブレストの効果は「カードを5枚引き2枚戻す」

 

は?

f:id:omamesensei:20211015164856j:plain

 

アンリコ(祖先の回想)より強いドローソースなんてリミテッドに存在していいわけないだろ!!!

 

異常な安定性を見せて毎ターン、島を伸ばして圧をかけていくコントロール。こわ〜。

 

序盤の攻防を終えた6ターン目。

ミステリー&コンスピラシー側が動く。

EDH(統率者戦)構築済みデッキの看板カードである統率者テフェリーを設置。

f:id:omamesensei:20211015165803j:plain

 

📞どうして構築済みの看板カードがパックから出てるんですか?

 

恐るべきはミステリーブースター。

なんでもアリなお祭りパックである。

テフェリー側は少し考えて+1能力から入る。

 

モダンホライゾン2側はコントロールのマナが寝ているここで仕掛けるしかない。

 

呼び出したのは《悪夢の達人、チェイナー》。

f:id:omamesensei:20211015170225p:plain

 

手札を1枚捨ててチェイナーの1つ目の能力を起動。

そこから2マナで墓地から《不吉な儀式の僧侶》

f:id:omamesensei:20211015172211p:plain

 

本来、僧侶は場に出たターンは墓地から仲間を復活させるリアニメイト能力の起動はできない。

召喚酔いしているクリーチャーはタップ能力を使えないからだ。

 

だが、チェイナーの2つ目の能力によって速攻が付与されているため、召喚酔いを無視して即座に墓地から復活させる能力を起動。

 

出てくるのは序盤の攻防で手札コストとして捨てられていた《残虐の執政官》!!

f:id:omamesensei:20211015172546p:plain

 

「確か3点ドレインとハンデスとクリーチャーを生贄に捧げるんだよね。こっちはノンクリーチャーだからハンデスとライフ3点喪失だけでいいかな?」

 

「違いますよ。残虐の執政官が生贄にするのはクリーチャーかプレインズウォーカーなんで、テフェリーを生贄要求します」

 

これは大きな痛手!!

 

この時、手札にはピッチスペル(マナを支払わずにフルタップから撃てる妨害)を抱えて油断したのが仇となった。

f:id:omamesensei:20211015173045j:plain

 

《誤った指図》はリアニメイト呪文で呼び出すクリーチャーを変更させることができるので適当にインプなどの小型クリーチャーへ蘇生先を変更すれば凌げた。

 

しかし、チェイナーも僧侶も「リアニメイト呪文」でなく「クリーチャーのリアニメイト能力」なので《誤った指図》では蘇生先を変更する妨害を行えない…!

 

テフェリーを生贄に捧げた時点でミステリー&コンスピラシーのプレイヤーが投了。

ゲームセットとなった。

 

特殊セットのカードの採用が増えて混沌としてきた胡乱鯖マジック・リーグの明日はどっちだ!?

 

広告

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート【UGカスケード】vs【Think 4 times】

書きたい名試合が多すぎてつい更新速度が早まるね。

今回、プレイレポートに書くマッチングは統率者レジェンズ中心に組まれた続唱デッキと、

f:id:omamesensei:20211015134955j:plain

時のらせん+コンスピラシーの混合デッキだ。

f:id:omamesensei:20211015135100j:plain

f:id:omamesensei:20211015135048j:plain

 

それでは対戦風景を覗いてみよう!

 

ゲーム開始から間もなくコンスピラシー側が動く、秘策カードの公開だ。

f:id:omamesensei:20211015135258j:plain

 

指定カードは《熟慮/Think twice》

f:id:omamesensei:20211015135421j:plain

 

2ターン目に熟慮を唱え、カードを2枚引く。

さらに3ターン目にはフラッシュバックで墓地から唱えてまた2枚引く。

英語名の《Think twice》は二度考えるという意味だが、4回は考えている。

考えまくりの引きまくり。

なんと30枚デッキに4枚も《Think twice》を積んでいるとのこと。

コモンなのでパックから出やすいためこんなことに…

 

統率者レジェンズ側はマナを伸ばしてビッグアクションの準備をしていく。

 

先に仕掛けたのは時のらせん+コンスピラシー。

流石にカードを8枚も引けばコンボが揃う。

《憤怒の天使、アクローマ》と《一瞬の瞬き》のコンボで、青白デッキがコストを踏み倒して真っ赤なアクローマを場に出す。

f:id:omamesensei:20211015135916p:plain

 

プロテクション(青)を持つためレジェンズ側の青い飛行クリーチャーを無視して攻撃できる。

 

レジェンズ側は切札であるイモーティを出して続唱でクリーチャーを横展開していく。

f:id:omamesensei:20211015141006p:plain

 

緑の到達クリーチャーを出してアクローマの攻撃をかろうじてブロックするものの、アクローマのトランプルでダメージが貫通していく。

 

このままアクローマに押し切られるかと思いきや…

隕石ゴーレムが飛来!

f:id:omamesensei:20211015141209p:plain

 

プロテクション(青)と(白)という除去耐性も無色の除去は弾くことができずアクローマが陥落。

 

さらに隕石ゴーレムにイモーティが続唱を与えているので、そこからクリーチャーを横展開していく。

f:id:omamesensei:20211015141421p:plain

f:id:omamesensei:20211015143839p:plain

 

切札となるアクローマを落とされたことで戦線は崩壊し、

雪崩れ込む続唱クリーチャーの群れが轢き殺してゲームはレジェンズ側の勝利!

 

互いにカジュアルフォーマット向けの特殊パックを使用しての異種格闘戦となったが、やはりフォーマットの知名度が高い統率者の方が有利なようだ(?)

 

まだまだ語りたい戦いはたくさんある!

次の記事ですぐまた会おう!

 

広告

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート【白黒レベル】vs【青緑見聞録】

やあ、バーチャルVtuverの豆猫さんだよ!

今回も身内環境マジック・リーグの対戦レポートシリーズだ。

 

今回紹介するマッチメイクはこちら!

f:id:omamesensei:20211015092412p:plain

D&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)とのコラボパックを中心にデッキを組んだプレイヤーと、

f:id:omamesensei:20211015092554j:plain

時のらせんにおける白黒のレベル・クリーチャーの部族デッキとの対戦をレポートしていくよ。

(レベルとは反乱者を表すクリーチャータイプ。レベルアップのLv.とは関係ない)

 

 

まず序盤はD&D側が優秀なサボタージュ・クリーチャー(戦闘ダメージを与えた時の誘発能力を持つカードの俗称)を立て続けに出していく。

f:id:omamesensei:20211015105959p:plain

 

レベル側はサボタージュ能力を使われるのを嫌って積極的に相打ちブロックを行い、互いに1対1のカード交換が続く…

 

4マナ貯まったところで、レベル側のキーカードである《アムローの偵察兵》が起動しはじめる。

f:id:omamesensei:20211015110306p:plain

 

山札から直接、3コスト以下のレベルのクリーチャー・タイプを持つカードを場に出すことができるクリーチャーだ。

こいつが動き出せば手札を消費せずに次々と戦線にクリーチャーを供給できるようになる。

 

しかし、D&D側もここで切札を召喚!

モンスター図鑑の執筆者として有名なD&Dのキャラクター、ヴォーロだ!

f:id:omamesensei:20211015110557p:plain

 

効果は簡単に言えば「これまで出したいないクリーチャー・タイプのクリーチャーを召喚する呪文を唱えると、そのクリーチャーは2匹出てくる」というもの。

 

これでD&D側は手札1枚からクリーチャーを2体呼び出せるようになった!

 

《ジンの風予見者》などの場に出た時の能力を持つクリーチャーなどを出しながら数を増やしていくD&D側のクリーチャー軍団。

f:id:omamesensei:20211015130511p:plain

 

少しでも攻撃の手を止めようとしてレベル側は防御体制に入る。

飛行しているジンを足止めするために、アムローの偵察兵の効果で山札からレベル・カードを探して場に出す。

 

探してきたのはコレ!

f:id:omamesensei:20211015132057p:plain

 

カードの真ん中に書いてある部族とはクリーチャーでないカードにクリーチャー・タイプの属性をつける特殊なカードタイプだ。

このカードはエンチャントでありクリーチャーでないが、レベルのクリーチャー・タイプを持つカードとして扱われる。

 

アムローの偵察兵の効果は3コスト以下のレベル・カードを場に出せるのでこれをサーチしてきて相手クリーチャーにつけることで戦闘を封じることができるんだね。

 

しかもレベルデッキの中にはこのカードはピン差しでなく2枚以上入っている…!

これでジンの攻撃を封じ続けるものの…

 

D&Dデッキは次々に新しいクリーチャーを展開していく。

ノール、バジリスク、巨人etc.etc.

 

その度にクリーチャーは2匹ずつ出てきてレベルの戦闘妨害では手数が足りなくなってくる。

f:id:omamesensei:20211015132735p:plain

 

トドメに出てきたレアカード、《竜亀》によって、レベルのブロッカーはタップされ、(もちろん2匹出てくる)

ガラ空きのところにクリーチャーのペア軍団がフルアタックを決めたD&Dの勝利!

 

手数だけでなく戦闘妨害でもD&Dの方が1枚上手だったようだね。

 

書きたいプレイレポートが山積みなので次回はまたすぐに君たちに会えるだろう。

それじゃあ、また!

胡乱鯖マジック・リーグのプレイレポートで!

 

広告

【#MTG】身内マジック・リーグプレイレポート【ジェスカイ・スペル】vs【パーフェクト・ディフェンス】

やあ!

バーチャルVtuverの豆猫さんだよ!

 

今回は身内の胡乱鯖マジック・リーグのプレイレポートだ。

今回の対戦相手、SUZUKAさんは青赤白の3色で構成されたインスタントやソーサリー軸のデッキを使用するプレイヤーだ。

f:id:omamesensei:20211014120629j:plain

魔法学校を舞台にしたストリクスヘイヴンのパックに的を絞って購入し続けたSUZUKAさんのデッキは魔法の技に長けている!

 

スペルコストを軽減するカードや、

墓地からスペルを回収するカード、

スペルに反応して誘発する魔技能力。

そう言った効果を利用して戦うコントロール寄りの完成度の高いデッキに仕上がっている。

 

対するこちらのデッキはパーフェクトディフェンス。

圧倒的な耐性を誇る堅牢な防御で生き延びながら、相手のクリーチャーをすり抜けるブロック回避能力でライフを削るデッキだ。

 

それではこの戦いがどうなるのか?

ぜひ予想しながら読んで欲しい。

 

まずは序盤。

SUZUKAさんの赤白系クリーチャーがこちらへ攻め込んでくる。

f:id:omamesensei:20211014120824p:plainf:id:omamesensei:20211014120832p:plain

 

苛烈な攻撃にこちらのライフは減らされていくが、序盤はライフをリソースとして一旦攻撃は通していく。

防御クリーチャーを並べる代わりにドローソースで手札を増やしたり複数枚のカードを見ながらデッキのキーカードを探していく。

f:id:omamesensei:20211014121148j:plainf:id:omamesensei:20211014121156j:plain

 

残りライフがいよいよ危険域に突入したところでキーカードの登場。

 

圧倒的な無敵の防御を実現するのがこのカード!

f:id:omamesensei:20211014121425j:plain

 

《エネルギー・フィールド》!!

相手から飛んでくる戦闘ダメージやプレイヤーへの直接火力ダメージを全て軽減して0にする無敵のエンチャントである。

 

もちろん、流石になんのデメリットも無しで扱えるカードではない。

《エネルギー・フィールド》の使い手の墓地にカードが置かれると《エネルギー・フィールド》は生贄に捧げられ自壊する。

具体的には「クリーチャーが死亡した時」や「ソーサリーやインスタントを唱えた時」に壊れる。

また、ソーサリーなどを使うのを躊躇って手札に貯めておくとそのうち手札上限枚数を超えてしまい、枚数超過して溢れたカードを捨てると《エネルギー・フィールド》は解除される。

 

さあ、ここから反撃だ!

防御を固めたら今度は回避能力のあるクリーチャー・トークンを呼び出していく。

f:id:omamesensei:20211014123540p:plain

 

プロテクション(白)を持つ騎士トークンは相手の白いクリーチャーにブロックされない。

これを並べて赤白のクリーチャーを無視して攻撃していく。

 

トークンに火力除去が飛んでくるが、「トークンはカードではない」ため、

除去されても《エネルギー・フィールド》は場を離れない。

追加の騎士トークンで更に攻め立てていつしか対戦相手のSUZUKAさんのライフは5点に!

 

あと一息!

とはいえSUZUKAさんも黙って見ているわけではない。

《副陽の接近》を唱えてライフを7点回復して体制を立て直す。

 

よし、それならこちらは飛行クリーチャーで攻めよう。

《熟考漂い変化》のエンチャントを設置!(仮名)

f:id:omamesensei:20211014124245j:plain

 

このエンチャントが場にある限り、手札のクリーチャー・カードを《熟考漂い》/マルドリフターとして扱えるようになる。

(唱えるマナ・コストやステータスが熟考漂いになる。)

f:id:omamesensei:20211014124429j:plain

 

これで手札に引いた序盤用の手札整え用小型地上クリーチャー達が5マナ2ドロー2/2飛行となる…!

 

航空戦力を出しつつ手札を引きながら詰めていく!

 

ドローしたカードは…マルドリフター!

f:id:omamesensei:20211014124935j:plain

 

じゃあ、マルドリフターをマルドリフターとして唱えるね…!(2ドロー)

 

とはいえマルドリフターはプロテクションなどの防御能力を持っていないので対戦相手の除去を受ければ墓地に置かれることになる。

 

ここで使うのは《無傷の発現》

f:id:omamesensei:20211014125341j:plain

 

プロテクション(赤)で赤いカードからクリーチャーを守る!

 

SUZUKAさん「じゃあインスタントを唱えたからエネルギー・フィールドは場を離れるんですね?」

 

それはどうかな…!

 

《無傷の発現》は反復を持っているため、墓地へは行かず追放され次のアップキープにノーコストで使用できる。

 

エネルギー・フィールドはまだ維持される…!

 

SUZUKAさん「はい、アップキープきましたよ! その反復呪文使って墓地に置いてエネルギー・フィールドは今度こそ解除ですね!!!」

 

待ちな!

反復の効果はノーコストで使っても「良い」だから任意なんだZE☆

 

唱えないことを選択した場合、反復呪文は追放されたままになる。

エネルギー・フィールド、維持!

 

SUZUKAさん「カードゲームアニメのトリッキーな青使いキャラみたいな動きを…!」

 

こちらの手札には更に《魂の基点》という全く同じ効果で1マナ重い調整版カードがある!

f:id:omamesensei:20211014130332p:plain

 

下位互換だからって使えないわけじゃない!

追加のカードとしてデッキに入る可能性を秘めているんDA☆

 

SUZUKAさんはデッキの中に眠っている《副陽の接近》がある7枚目まで辿り着くことができればエネルギー・フィールドを無視して特殊勝利できそうだが、こちらの攻撃速度の方が早い!

 

更にダメ押しの《Puresteel Angel》(前回記事参照)がある!

 

敗北回避!ダメージ全軽減!

まさに! まさに無敵!

 

ここでSUZUKAさんが騎士トークンに対して《創造の発露》を撃ってくる。

 

f:id:omamesensei:20211014131522p:plain

 

トークンは墓地に行かないからエネルギー・フィールドは落ちない…いや、違う!

SUZUKAさんの狙いは追加効果の5枚見る効果!

先ほど唱えて7枚目に仕込んだ《副陽の接近》を探しにいくつもりだ!

f:id:omamesensei:20211014131811p:plain

 

通してはいけない!

対象に選ばれたトークンに手札から《魂の基点》でプロテクション(赤)を付与すれば…!

 

プロテクション(色)を持つカードはその色からは対象に取られることがない!

対象不適正で《創造の発露》は「立ち消え」を起こす!

正しい対象を取れない呪文は効果を発揮しないため上から5枚を見ることもできなくなる!

 

よし、手札の白い《魂の基点》でプロテクション(赤)を騎士トークンに付与…

f:id:omamesensei:20211014132155p:plain

 

プロテクション(白)を持つ騎士トークンは自分の白い保護呪文の対象に取ることができない…!!!

 

《創造の発露》の効果は有効!

トークンは死亡してもエネルギーフィールドを壊すことがないのでこのターンの戦闘でこちらが負けることは無いが…

 

続く返しのSUZUKAさんのターンで《副陽の接近》の二度目のキャスト!

 

馬鹿な…!

俺は絶対に「敗北しない」紋章を作るクリーチャーがいて、受けるダメージも全軽減の完全無敵状態のはず…!!!

 

だが、しかし!

 

「勝利する」という効果は防ぐことはできない…ッ!!

 

勝ったのはSUZUKAさんの【ジェスカイ・スペル】!!

 

 

リミテッドとは思えないハイレベルな戦いに非常に興奮した一戦であった。

読みやすくするために記事からは削ったがブリンク能力や相手のカードを奪う能力での攻防など書ききれない無数の駆け引きがそこにはあった…!

 

SUZUKAさん、熱い戦いをありがとう!

 

興味深い試合があればレポートを書こうと思う。

その時まで、さようなら!

また近いうちに会おう!

 

広告