与太話だったりTCGやTRPGの話。

与太話じゃないFGOの話のブログの人の与太話だったりFGOじゃない話をする用のサブブログ。アイコンは神有月リンドウさんからのにょろわーファンアート

それって本当にカスレア? 第一回《実験の狂乱/Experimental Frenzy》

やあ、バーチャルバーチャルYoutuber(バーチャルモデルを用意して架空のバーチャルYoutuberになりきる遊びをする人のこと)の豆猫さんだよ!

今日は「それって本当にカスレアか?」と題して

「ゴミと呼ばれるけど言われるほど弱くはないんじゃ…」ってカードを紹介するよ。

第一回は…

《実験の狂乱/Experimental Frenzy》

f:id:omamesensei:20181011015751j:plain

 

プレビュー期間に新しいカードについてわいわい言うのは楽しいよね。
僕の先輩はLINEにこいつの画像を張りながら
「ゴミだよ。」
とだけコメントした。
僕は発狂しながらこのカードがいかに優れているか長文で書きこんだ。
(といってもこれからブログで書くほど長くはない)
 
さて、《実験の狂乱/Experimental Frenzy》とはどんなカードかおさらいしてみよう。
 f:id:omamesensei:20181011130645j:plain
 
1.デッキの一番上を見れる
2.デッキの一番上の呪文を唱えたり、土地を場にだせる。
3.手札の呪文を唱えたり、手札から土地を置けなくなる。
4.コストを払うと壊れる
 
ざっくりまとめると
「手札が使えなくなる代わりにデッキの上を使っていいよ」というカードだ。
あるいはこうも言い換えられる。
「毎ターン1枚ドローする代わりに、山札の並び方次第でたくさんドローしたように遊べる」
そういうカードだ。
 
このカードで何が起こるか想像しづらいかもしれない。
ここからは例えを使って説明するので
実際のMTGで起こる現象とは細かいところで違うということをふまえて
雰囲気で理解して、上級者の方は上げ足を取らないでもらえると助かる。
(手札から捨てるようなものだ、と言ったときにマッドネスが誘発しないだろ!とか言われても困るということ)
 
このカードを君は赤単に入れて4ターン目に場に出したとしよう。
今君の手札は使い物にならなくなった。
手札の《稲妻の一撃/Lightning Strike》を唱えて対戦相手のLPを減らすことも、
手札の山を場に出して5マナ目を出そうとすることもできない。
言ってみれば「手札をすべて捨てた」のだ。
というわけで「このカードで起こること」を書き換えてみよう。
 
1.デッキの一番上を見れる
2.デッキの一番上の呪文を唱えたり、土地を場にだせる。
3.手札をすべて捨てる。
4.自分から壊れていくのか…(困惑)
 
OK。君は相手に見えないように山札の上を確認し
山が見えた。次のターンのドローは山か。なるほど。
そしたら次のターン、相手が動いて…。
君の5ターン目だ。
開始フェイズに山を4枚アンタップして、ドローする。
 
君はドローした山を場に出そうとして…
おいおいおい、待ってくれ。
 
手札のカードをプレイできない?
つまりこのポンコツエンチャントはドローもできなくなるってことか?
勘弁してくれよ!
君は再び「このカードで起きること」を書き換えたほうがよさそうだ。
 
1.デッキの一番上を見れる
2.デッキの一番上の呪文を唱えたり、土地を場にだせる。
3.手札をすべて捨てる。
4.もうドローはできない。
5.自分から壊れていくのか…(困惑)
 
手札も(使え)ない。ドローもできない。
なんだこの状況は。
君はターンエンドあるいは投了を宣言して
このカードをゴミだと罵るかもしれない。
でもそのまえにちょっと待って。
 
1.デッキの一番上を見れる
 
さあ、デッキの一番上をおもむろに持ち上げて覗こう(相手に見られないよう、こっそりとね)
 
君のデッキの一番上には《松明の急使/Torch Courier》(1マナで1/1速攻のゴブリン)がいた!
f:id:omamesensei:20181010205157p:plain
 
2.デッキの一番上の呪文を唱えたり、土地を場にだせる。
 
君は山を1つタップして《松明の急使/Torch Courier》を唱える。
なんだ。もう何もできないかと思ったけどそんなことはない。
ちゃんとドローしたのと同じ成果が得られるじゃないか。
そして君はホッと一息ついて、今度こそターンエンドをしようとするだろう。
でもちょっと待つんだ。
ああ、赤いデッキを使う君がせっかちなのはわかるよ。
でも君のそのゴブリンは速攻だしターンエンドには気が早い。
もう少し待ってくれてもいいだろう?
 
ありがとう。
それじゃあ君はもう一度やれることを思い出すんだ。
 
1.デッキの一番上を見れる
 
それはさっきやったって?
《実験の狂乱/Experimental Frenzy》(かみ砕いて書いてるやつじゃなく本物のカードの方のテキストだ)を読んでみてほしい。

f:id:omamesensei:20181010205238p:plain

あなたは いつでも ライブラリーの一番上のカードを見てもよい。
 
いつでも!1回じゃない!いつでもさ!
君はまたライブラリーをめくる。
そこにいるのは《火小僧/Fire Urchin》(2マナのクリーチャー。速攻は無いがソーサリーとかに反応してパワーが上がる)だ。
f:id:omamesensei:20181010205259p:plain
さあ、もうわかっただろう?
 
2.デッキの一番上の呪文を唱えたり、土地を場にだせる。
 
盤面に2体目のクリーチャーだ!
そして、君はもうちゃんと覚えたね?
 
1.デッキの一番上を見れる
 
君は3体目のクリーチャーがいるんじゃないかとワクワクしてデッキの上を見る。
そこにあるのは…山だ。
がっかりしたかい?
それとも君は賢いイゼット団員かな?
 
2.デッキの一番上の呪文を唱えたり、土地を場にだせる。
 
そう!土地も場に出せるんだ!
ただ注意してほしいことがあるんだ。
この効果は「権利を行使できる範囲を増やせる」だけで「本来できる権利」を拡張したりはしない。
あー。うん、アゾリウス評議会みたいな堅苦しい難解な言い回しは嫌いか。
ごめん。
ゴブリンでもわかるように解説しなおすよ。
君が1ターンに唱えられる呪文の数には限りがないよね?
マナと手札の続く限り、好きなだけ唱えられる。
でも土地は1ターンに1枚しか場に出せないよね。
そういうルールなんだから。
だから今、君はまだ土地を置いてないから山札の山を場に置ける。
でももしその次のカードが山なら君はそれを場に出すことはできない。
そこでストップだ。
とにかく君はデッキの一番上の山を場に置くことに…え?もう置いた?
せっかちだなあ。
じゃあ次に何をするか、もうわかったよね?
せーのっ!
 
1.デッキの一番上を見れる
 
そこには《最大速度/Maximize Veelocity》(対象に速攻と+1/+1修正を与える1マナの再活ソーサリー)
f:id:omamesensei:20181010205358p:plain
うん。いいね。
君は召喚酔いしてる《火小僧/Fire Urchin》にこいつを唱える。
《火小僧/Fire Urchin》は自分の能力と《最大速度/Maximize Veelocity》の効果の2つでパワーアップ!
そしてまだまだ続くぞ!
 
1.デッキの一番上を見れる
 
《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》だ!
f:id:omamesensei:20181010205422p:plain
スーパークール!こいつはなんと小ずるいディミーアの使う《否認/Negate》なんかに打ち消されない上に6点ものダメージを与えられるカードだ。
ああ!切り札ともいえるスーパーインスタントとして君はこいつをデッキに入れたんだろう。
でも残念なお知らせがある。
 
「権利を行使できる範囲を増やせる」だけで「本来できる権利」を拡張したりはしない。
 
あー。つまり、なんてゆうか…その、もう君には1マナしか使えるマナがないっていうことなんだけど…
まあでもガッカリしないでくれよ。
君はもうこのターンに4枚もカードを使ったんだぜ。手札を全部捨てたのに。
(あー!あー!本当は捨ててなんかないなんて言葉はノイズがうるさくて聞こえないや)
普通は手札が0でターンエンドしたら
次のターンには1枚しかカードが使えないんだぜ?
(場合によっては普通のドローをしても1枚使えないことだってある。並べてる山が5枚しかないのに6マナの《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》を引くとかだ)
どうやら「ドローができなくなる」っていうのは何か違うみたいだ。
「このカードで起きること」をこんな感じに書き直そう。
 
1.デッキの一番上を見れる。
2.手札をすべて捨てる。
3.カードは使える。運が良ければ1枚よりたくさん。
4.自分から壊れていくのか…(困惑)
 
よし。こんなもんだ。
もしドローフェイズのあと見たカードが《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》だったら?
まあ1枚ドローしたとはいいがたいけれど、
そもそも4マナじゃあ前のターンに《実験の狂乱/Experimental Frenzy》を置いてなくてもどうせ6マナの呪文は使えないんだ。
運が悪いと「何も起きない」なんてのは普通のドローでも変わらない。
だったらエキサイティングなドローができるこっちの方が断然いいよ。
 
さあ、君の速攻クリーチャー2体で相手をアタックだ。
これでもう正真正銘何もできることはないね。
…本当かい?
実は君にはまだできることはある。
 
1.デッキの一番上を見れる
 
なに? それはさっきも見ただろうって?
ああ、そうさ。君はそいつを見て超興奮した顔をしたよな。
(そのあとガッカリした顔は僕の方にだけ見せて対戦相手には見せないでくれよ)
いいかい。君はデッキの上をもう一度持ち上げて確認してから
残りの1マナを出せるアンタップ状態の山を見て、自信満々に攻撃するんだ。
 
それで何が変わるかって?
いいかい、デッキの一番上のカードってのは見えないものなんだ。
ああ、もちろん今の君には見える。
でもね、対戦相手には見えてない。
 
似たような青のカードに昔、《未来予知/Future Sight》ってのがあった。f:id:omamesensei:20181010210203p:plain
この薄ノロ5マナトリプルシンボルの重たいカードはライブラリーの一番上を公開していた。
公開。そいつは相手も見えるってことだ。
例えば今、君の場に出てるのが《未来予知/Future Sight》だったとしよう。
デッキの上に使い物にならない《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》がデンと居座って邪魔してるのが筒抜けだ。
だが、《実験の狂乱/Experimental Frenzy》はそうじゃない。
君だけが見ていいんだ。
よし、「このカードで起きること」を書き直すんだ。
 
1.君だけが、こっそり、そして堂々と、デッキの一番上を見れる。
2.手札をすべて捨てる。
3.カードは使える。運が良ければ1枚よりたくさん。
4.自分から壊れていくのか…(困惑)
 
 
つまり君はスーパークールなインスタントがデッキトップに見えて喜んだ顔のまま、
奴らに悲しそうなところは見せずに堂々と攻撃するんだ。
相手はビビッて1/1《松明の急使/Torch Courier》もブロックしないかもしれないぜ。
1マナのインスタントでパワーアップした《松明の急使/Torch Courier》がブロックしたクリーチャーを一方的に倒すかもしれないと思ってるんだ。
 
 
 
これでこのターンは終わり。
じゃあ次の相手のターン。
そしてまた君のターンだ。
状況を確認しよう。
相手は君の場に干渉しなかったとしよう。
 
君の場にあるのは
5枚の山
スーパークレイジーエンチャント《実験の狂乱/Experimental Frenzy》
《松明の急使/Torch Courier》
《火小僧/Fire Urchin》
 

f:id:omamesensei:20181011023014j:plain

君の手札は?
捨てたも同然。引いたけど場に出せない山とか。
 
さあ、ドローステップ。
何を引くかは分かってるね。
《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》だ。
手札には6枚目の山もあるし、本当はそれを場に置いて
《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》で絶対に卑怯なカウンターなんかで消されない灼熱の6点ダメージで相手を殺してやりたいけど
今の君は手札をすべて捨ててるんだ。
さっき引いた山も、今引いた《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》も使えないんだ。
「起きること」のメモを書き直そう。
 
1.君だけが、こっそり、そして堂々と、デッキの一番上を見れる。
2.手札は全て捨てる。次のターン、マナのある時のために持ち越せない。
3.カードは使える。運が良ければ1枚よりたくさん。
4.自分から壊れていくのか…(困惑)
 
じゃあ《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》の下には何があったかな?
山だ。君は山札の山を場に置いた。そして「いつものように」次のカードも見る。
 
どうもー、《軍勢の戦親分/Legion Warboss》ですっ!って元気に挨拶をしてくれる親分を戦場に出そう。
f:id:omamesensei:20181010210320p:plain
この親分は強力な戦力だし、攻撃した時の素敵な能力も持っている。
こいつに速攻があればいいんだけど…ああ、《松明の急使/Torch Courier》を生贄に捧げればいいのか。
そう、たしかに《松明の急使/Torch Courier》には隠された効果がある。

f:id:omamesensei:20181010205157p:plain

命を犠牲に味方に速攻がつけられるんだ。
でもね、こいつだって死にたいわけじゃないし(全体の勝利のために自分を犠牲にするのはセレズニアの全体主義者どもがすることさ)
君だってアタックしてダメージを与えられる味方は多い方がいい。
何か策はないか山札の上のカードを見る。
また山だよ。残念だね。もう土地はおいてるんだ。
 
いよいよ手詰まりかな?
そんなことはない。
君は見れるのは山札の上だけじゃないぜ。
もう使えなくなった手札も見れる。ああ、見れるだけだけど。
他には? 墓地も公開情報だ。
君は墓地の一番上に目をやると…
f:id:omamesensei:20181010210358p:plain
さっき使った再活を持つインスタント《最大速度/Maximize Veelocity》があるじゃないか!
(使ったことを忘れて画面をスクロールした諸君はその長さに《実験の狂乱/Experimental Frenzy》がしてくれたことがたくさんあったことを実感できただろう。)
 
再活呪文は墓地からもう一度使えるんだ!!
ああ。その代り手札を1枚捨てなきゃいけない。
好きなだけくれてやれよ。その手札はもうどうせ使えないんだぜ。
君は手札の山をぽいっと捨てて1マナ払って墓地から《最大速度/Maximize Veelocity》を唱える。
これで《軍勢の戦親分/Legion Warboss》には速攻がついて《松明の急使/Torch Courier》も失わない。
 
最高だね!
そうやって君が戦闘して…まあ、いろいろ起きて相手のライフが残り6点になったとしよう。
1~3ターン目に何が起きたらそうなるのかとかは考えてない。とにかくそうなったんだと思ってほしい。
そうしたら君にちょっと素敵なアイデアがあるんだ。
いいから僕の言うとおりにプレイして。
まずこのターンはターンエンドするんだ。
そして相手がターン中にいろいろ動く。
うん、ライフ回復呪文を使ったりはしなかったようだね。
いいかい。そうしたら君は相手のエンドに山を4枚タップするんだ。
手札が使えなくて墓地に再活もない。場にマナを使って何かするクリーチャーもいないのに?
一体何に使うかって?
こうするのさ!
 
《実験の狂乱/Experimental Frenzy》の自爆スイッチ、ON!

f:id:omamesensei:20181010210437p:plain

バーン!

 
《実験の狂乱/Experimental Frenzy》は粉々になって君の墓地に行った。
おいおいおい、自分のカードを破壊するアホだと僕を非難するのはやめてくれよ。
次の君のターンになればわかるさ。
まず山をドロー。
そして手札に大事に握っていた《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》を撃て!

f:id:omamesensei:20181010210504p:plain

ゴォォォオ!!!
打ち消されない6点!
君の勝ちだ!
 
え? まさかまだ「手札は捨てたようなもので使えない」なんていうんじゃないだろうね?
手札は使えるよ。
だって使えなくしていた《実験の狂乱/Experimental Frenzy》はもうないんだから。
 
さあ、手札は捨てたものだと思ってたけど
再活のコストにしたり、必要になったら取り戻せる。
これは「起きること」を書き直した方がいいね。
文の順番とかを整えると…
 
最終的な《実験の狂乱/Experimental Frenzy》で起きることはこうだ!
1.君の手札を「倉庫」に預ける。
2.毎ターン、倉庫に物を突っ込む。
3.いつでも君は山札の上をこっそり見れる。堂々と見て思わせぶりな演技を付け加えてもいい。
4.倉庫のものは売り払って再活のコストにしたりできる。
5.君がどうしても倉庫に入れたものを「そのままの形」で取り戻したいなら、この倉庫の壁をぶち壊せる。
 
以上だ。
 
最後に小技を1つ。
君の場には《実験の狂乱/Experimental Frenzy》と山が6枚。相手のライフは6点だ。
君はデッキの一番上に《奇矯なサイクロプス/ErraticCyclos》を見たとしよう。f:id:omamesensei:20181010210601p:plain
クレイジーな仲間だ。
こいつは4マナのクリーチャーなので唱えれる。
すると、なんてこった!君の切り札、スーパーインスタント《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》がある。
でも残りの2マナでは《実験の狂乱/Experimental Frenzy》を壊せない。
となると次のターン、《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》は「倉庫」行きだ。
次のターンに4マナ払って、そのまた次のターンに撃ったら…なんて悠長なことをしてたら負けるかもしれない。
 
そういう時は次のターンのアップキープにちょっと動きを止めてみてくれ。
開始フェイズはアンタップ、アップキープ、ドローの3つだ。
アップキープには君の6枚の山はマナを埋めるようになり、
ドローする前なのでデッキの一番上にまだ《逃れえぬ猛火/Inescapable Blaze》がある。
「引き出しづらい倉庫」である手札に加わるドローステップより前にこれをぶちこんでやれ!
本体に打ち消されない6点!サイクロプスも6点トランプルだ!
 
もちろんアップキープに撃つためには注意することがある。
 
「権利を行使できる範囲を増やせる」だけで「本来できる権利」を拡張したりはしない。
 
ソーサリーをアップキープに撃つ権利はない。
アップキープに手札から撃てるインスタントを「山札の上からも」唱えられるようにするだけだ。
 
さあ、それじゃあ君も《実験の狂乱/Experimental Frenzy》のことをカスレア呼ばわりするのをやめて
試しに使ってみるんだ。
病みつきになっても知らないぞ。