与太話だったりTCGやTRPGの話。

与太話じゃないFGOの話のブログの人の与太話だったりFGOじゃない話をする用のサブブログ。アイコンは神有月リンドウさんからのにょろわーファンアート

レアは土地だけで十分だ

レアは土地だけで十分だ

f:id:omamesensei:20181024230333j:plain

前回の続き。
前回は土地からデッキを組む話をした。
前回の記事へのリンクはこちら↓

 

omamesensei2.hatenadiary.jp

 


さて。
では前回の終わりに語った
「今回すること」を改めて説明しよう。
前回の組み方をした後、予算に余裕のあるプレイヤーは
強い人たちのレシピを基に強くて高いカードを買ってほしい。

問題は前回の記事では土地のレアが余りにも多かったということだ。
予算不足のプレイヤーは「ちょっと待ってよ!これ以上高額カードは買えないよ!」
思うだろう。

なので今回は「縛りプレイ」だ。
アンコモンとコモンしかデッキレシピに加えないことを宣誓しよう。

たぶんそれは「最善」のデッキではないだろう。
きっと《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contemptが使えずに、
相手のプレインズウォーカ―にやりこめられて負けてしまうかもしれない。

それでも「それなりに」は回るデッキにしたい。
マジックオンラインでJust for fun(楽しく遊ぶだけ)部屋で戦うのが目標だし
アリーナで同ランクの相手とちゃんと戦えるくらいを目指す。

注意点がひとつ。

僕は何も「ずっとこのデッキで戦え」とは言わない。

君はやがてデッキを改造するのにレアを買うだろう。

このデッキはそのためのお小遣いが溜まるまでの間をつなぐデッキだ。

 

 

まずはここまでの復習。
青黒のコントロール寄りのデッキになるだろう。
キーカードのうち1つは《アズカンタの探索/Serch for Azcanta》

今回は主軸となるもう一つのカードを紹介しよう。
《虚報活動/Disinformation Campaign》だ。

f:id:omamesensei:20181024225622p:plain

こいつはリミテッド(パックをむいてその場でデッキを構築する遊び)で非常に強力で

青黒アーキタイプドラフトはこれを何枚集められるかに命運がかかっている。

構築では君は最大4枚をこれをいれられる!

 

このカードはどう動くのだろう?

実際にはこれはエンチャントというよりソーサリーだとイメージしたほうがいい。

手札から唱えると自分はドローし相手は捨てる。

自分は手札が1枚減ってから戻り、相手は1枚の損だ。

そして「諜報」をすると墓地から手札に帰ってくる。

するとまた使える。今度は自分の手札は新しく消費なしでドローと手札破壊ができる。

それをソーサリーでなくエンチャントにしてあるだけなのだ。

(たぶんソーサリーでもこのカードを作れたと思うけど除去とかソーサリーを唱えた数参照に引っかからないようにエンチャントになったのだろう)

 

 

 

このカードが誘発する諜報とは、最新セット「ラヴニカのギルド」で青黒に割り当てられたキーワードだ。
具体的にはアズカンタの探索が毎ターンやるのと同じ処理を
「打消しのおまけ」「バウンスのおまけ」で使える…というメカニズムだ。

もちろんアズカンタは諜報というキーワードは持ってないので
《虚報活動/Disinformation Campaign》を手札に戻すことはできないことは忘れてはいけないよ。
ただ、アズカンタと相性が良いカードは諜報とも相性がいいので
諜報カードもデッキに加えることでアズカンタが引けない場合でもデッキ全体がうまく回る。
そして諜報を使うカードを多く入れるとレアを入れないことに「デッキ構築上の理由」ができるので
「デッキに弱いカードを入れなくてよい」のだ。

 

例えば先ほど出た高額レアカード《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt
これは4マナの除去で範囲が広い。
これの代わりに例えば《名声の代価/Price of Fame》を使うとする。
こちらも4マナの除去だ。

f:id:omamesensei:20181024231945p:plainf:id:omamesensei:20181024232122p:plain

 

それぞれを「4マナのクリーチャー除去」として比較してみよう。

「ヴラスカの侮辱のメリット」
プレインズウォーカ―を除去できる。
【青白コントロール】のテフェリーのようにプレインズウォーカ―を切り札にするデッキは
少なくない。
ライフが回復する
ライフ20点をなくすことに特化した速攻デッキに強い。

「名声の代価のメリット」
・伝説のクリーチヤー相手には2ターン目から撃てる。
たとえば君が後手で先行が3ターン目に
《軍勢の切先、タージク/Tajic,Legion's Edge》を出したときに
攻撃するより早くタージクを倒せる。
諜報がついている
デッキトップを操作し、次のターンのドローの質を上げる。

それぞれに利点があり「相互互換」の関係にある。
決して《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》が上位互換ではないんだ

ならば《名声の代価/Price of Fame》の強みを生かせるデッキで
侮辱の代わりに名声の代価を使うのは、「デッキに入れるカードを妥協した」ことには
ならないんだ。

低予算デッキを作る場合、ここは大事にしたい。
「妥協でなく、このデッキではこっちを使いたいんだ!」という前向きな採用をしたいのだ。

 

コントロールデッキで必要な要素について考えよう。
・打消し
・手札破壊
・除去
・ドロー
・脅威となる切り札
・全体除去

それぞれ環境で使われるカードやその「相互互換」が存在する。
今回は《虚報活動/Disinformation Campaign》を採用するので
「諜報」を持っている呪文は「妥協でなく、このデッキではこっちを使いたいんだ!」という前向きな採用ができる。

そしてこれらはアンコモンだけでかなりの数が埋まるんだ!
見てみよう。

・打消し
《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》
・手札破壊
《思考消去/Thought Erasue》
・除去
《名声の代価/Price of Fame》
・ドロー
《概念の雨/Notion Rain》
それから前回話した諜報やアズカンタとシナジーする《薬術師の眼識/Chamister's Insight》

脅威となる切り札をアンコモンから探すのは難しい。
アンコモンはカードパワーもアンコモン並なので
構築で「強い!」といえるほどのクリーチャーとなると
アンコモンから探すのは至難の業だ。
だが好評発売中の「ラヴニカのギルド」には
希望となるサイクル(同じコンセプトで作られた数枚のカードのこと)がある。

それがccddサイクルだ。
ギルドごとに「2色それぞれがダブルシンボル」の4マナのカードがある。
これらはなかなか強力でゴルガリ団のこの枠のカードは構築で
既に多くの実績を残している!

強烈な色拘束を持つので使うデッキを選ぶが
今回は「土地基盤をしっかり作った」のでスムーズに召喚できるだろう。
というわけで、ディミーア家が誇るccddのアンコモン
《夜帷の捕食者/Nightveil Predator》だ!

f:id:omamesensei:20181024232525p:plain

パワーは3と心細いが、相手の単体除去を受け付けない。
飛行しているので地上戦力に止められずにダメージを稼いで行ける。
接死がなかなか侮れない。
「切り札」とは言ったもののやはり相手のレアに比べればパワー不足を感じるかもしれない。
しかし、相手のそのパワーカードと捕食者が戦闘をしたなら
ダメージを与えただけで破壊する接死能力が相手のパワーカードを道連れにする。

ぜひこいつを採用しよう。
除去にこそ強いが打消し、全体除去に弱く
コントロールデッキがフィニッシャーにする《原初の潮流、ネザール》のように
1枚だけ採用するのでなく保険として2,3枚は欲しい。

 

さて全体除去についてだ。
ここが一番難しい。
当たり前だが全体除去という盤面制圧カードはレアだ。
ここはどうしても採用したいし、全体除去の相互互換はまず相互互換にならない。
《煤の儀式/Ritual of Soot》は強力なレアだ。

f:id:omamesensei:20181024232700p:plain


ボロス軍の並べる低コスト軍団も、セレズニアのトークン戦略も、
騎士によるシナジーを重視したウィニーデッキも…

もし君が既にこのカードを持っているなら(たしかアリーナなら無課金でも配布されているはずだ)
ぜひ採用してほしいが、レアなのでここで推すことができない。

諜報付きの全体除去はどうだろうか?
これが本当に頼りない。

f:id:omamesensei:20181024232753p:plain


全体-1/-1修正は吸血鬼トークンデッキやゴブリンデッキ、2/1などを採用するデッキに強いように思えるが
それは気のせいである。
それらのデッキは何かしらの手段で+1/+1修正をかけるので
結局タフネスが2点になってしまい、対策カードにはならない。

せめて-2/-2を採用したい。それも3マナで。
4マナの煤の儀式よりも1ターン早く撃つことで受けるダメージを
大きく削ぐために使いたいのだ。

そこで今回採用を検討するのが《黄金の死/Golden Demize》だ。

f:id:omamesensei:20181024233031p:plain

これなら3ターン目に撃てる点で一応は「相互互換」だ。
自分の捕食者もタフネス3なので味方を巻き込まない。
だが、やはり引くのが遅れると盤面にあまり大きな影響を与えられないのが
どうしても懸念事項になる。

とはいえ採用を決めたなら自軍のクリーチャーもそれに合わせてチューニングしていきたい。
まずは煤の儀式に流されなくなったことで3マナ以下でタフネス3のクリーチャーを検討できる。
ということで諜報とシナジーしつつタフネスが3の3マナ…そんなつごうのいい生物がいたら採用したい。

《闇刃の工作員/Darkblade Agent》

f:id:omamesensei:20181024233305p:plain


ああ、こいつは「諜報」デッキの希望だ。
こいつは本当にクールだ。
トップレアと噂されたフィンケルを思わせる性能だ!
…諜報している限りね。

というわけで諜報でこいつをバックアップしながら殴っていくことも視野にいれる。
それともう1体。検討したいのが《思考繋ぎの幻/Thoughtbound Phantasm》だ。

f:id:omamesensei:20181024233436p:plain

タフネスは2だが諜報を1回したなら黄金の死に巻き込まれなくなる。
似たカードで飛んでる虫もいるが悩んだ末に今回は採用を見送った
虫はタフネスが1からスタートするので黄金の死に耐えるには諜報は2回必要になってしまう。

また思考繋ぎの幻は1マナ2点の壁として使えるところもコンセプトに合っている。
1ターン目《思考繋ぎの幻/Thoughtbound Phantasm》
2ターン目《思考消去/Thought Erasue》で諜報と手札破壊
3ターン目《黄金の死/Golden Demize》で一旦盤面をリセットしつつ壁を維持

アグレッシブなデッキにはこのプランを取りたい。
《思考消去/Thought Erasue》は相手の手札を見れるので
黄金の死を温存したほうがいいのかすぐに撃つべきか
あるいは3マナでは打消しを構えるべきなのか。
それは《思考消去/Thought Erasue》が教えてくれる。

かなり諜報に寄ってきているので
1枚で何度も諜報できるカードが欲しい。

f:id:omamesensei:20181024233706p:plain


《夜帷のスプライト/Nightveil Sprite》は繰り返し使えるが
黄金の死に流されて死んでしまう。採用枚数には気を付けたい。

【ディミーア諜報】verレア抜き

土地 27枚

4《湿った墓/Watery Grave》
4《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
2《ディミーアのギルド門/Dimir Gildgate》
1《水没した骨塚/Submerged Boneyard》
1《天才の記念像/Memorial to Genius》
8《島/Island》
7《沼/Swamp》

クリーチャー 13枚

4《思考繋ぎの幻/Thoughtbound Phantasm》★
3《夜帷のスプライト/Nightveil Sprite》(諜報)
3《闇刃の工作員/Darkblade Agent》★
3《夜帷の捕食者/Nightveil Predator》


呪文 26枚

2《アズカンタの探索/Serch for Azcanta》
1《アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast》Land 27
3《虚報活動/Disinformation Campaign》★
4《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》(諜報)
4《思考消去/Thought Erasue》(諜報)
4《名声の代価/Price of Fame》
2《概念の雨/Notion Rain》(諜報)
2《薬術師の眼識/Chamister's Insight》
4《黄金の死/Golden Demize》

この時点でデッキを6枚オーバーしている。
ドローソースが固まっているが一度回りだすと
虚報活動で手札は増えることとライフの損失が痛いことから
概念の雨と再活のドローを1枚ずつ減らす。

後から引くと弱いので《黄金の死/Golden Demize》を1枚減らす。
幻は諜報ありきなので、4枚フル投入は危険だ。
これも1枚減らす。

そもそもコントロールにするつもりだったのにクリーチャーをよくばり過ぎ。
《闇刃の工作員/Darkblade Agent》も1人解雇だ。

虚報活動はデッキの各ではあったが固めて引くと動きが鈍る。
場持ちするカードなので2枚目とかち合うことも少なくなかったので
3枚から2枚に。

これでとりあえず60枚だ。

そして更に回す。
ここからは自分の環境に合わせた調整

なので真似するときは自分がよく戦う相手に合わせること。

序盤の3ターンの動きを連続して取りたいのでタップイン土地をアンタップインへ
ギルド門は島にして1ターン目に幻を立てられるように。

殺戮の暴君が余りにもつらく、
逆に無効皮のフェロックスをあまり見ないので
思い切ってアンコモンの分割呪文を検討。
《発見+発散/Discovery+Dispersal》のことだ。

f:id:omamesensei:20181024233957p:plain


発見は諜報つきのドローで概念の雨ほど検索範囲は広くないが
3ターン目の黄金の死を探すのに使ったり
黒マナしか出ないときにデッキから島を探しに行ける。
各種諜報を誘発させられる上に軽く撃て、自分のターンに撃つので
《闇刃の工作員/Darkblade Agent》でアドバンテージを稼ぐ助けになる。
発散は本当に強力で殺戮の暴君や同型の捕食者など
呪禁もちのカードに対処できる。
あとはテフェリーを戻せる。
これは意外だった。破壊じゃないからかやけくそで撃つと打ち消されないことが多かった。
もしかするとクリーチヤ―だけをバウンスすると勘違いされてるのかもしれないが。
戻したテフェリーはカウンターを捕食者とかで誘ってから手札破壊で打ち抜く。

スプライトが自分の黄金の死で消えていくのはつらいし諜報は十分な数があった。
スプライトを1匹逃がしてあげよう。

 

土地 27枚

4《湿った墓/Watery Grave》
4《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1《ディミーアのギルド門/Dimir Gildgate》
1《水没した骨塚/Submerged Boneyard》
1《天才の記念像/Memorial to Genius》
9《島/Island》
7《沼/Swamp》

クリーチャー 11枚

3《思考繋ぎの幻/Thoughtbound Phantasm》★
2《夜帷のスプライト/Nightveil Sprite》(諜報)
2《闇刃の工作員/Darkblade Agent》★
3《夜帷の捕食者/Nightveil Predator》


呪文 22枚

2《アズカンタの探索/Serch for Azcanta》
1《アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast》
2《虚報活動/Disinformation Campaign》★
3《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》(諜報)
4《思考消去/Thought Erasue》(諜報)
4《名声の代価/Price of Fame》
2《発見+発散/Discovery+Dispersal》(諜報)
2《薬術師の眼識/Chamister's Insight》
3《黄金の死/Golden Demize》


というわけでこの時点でのレシピはこう。
同程度のレベルの相手とは楽しく戦えるが、格上とはやりづらい。
ここで格上にワンチャンス見出し、
「あいつは神話レアのクリーチャーやプレインズウォーカ―使っててずるい!(ずるくない)
という気持ちを慰めるとっておきのアンコモンを入れよう。

《最古再誕/Elderest Reborn》だ!

f:id:omamesensei:20181024234309p:plain


こいつはクールなアンコモンだ。

(時間さえかければ)大きなアドバンテージを生んでくれる。
特に注目したいのが3つめ。
あなたの墓地ではなく墓地だ。
相手の墓地が狙える!!
2ターン目の手札破壊でうちぬいたテフェリーとか
発散で手札から捨てさせた殺戮の暴君とかを相手の墓地から奪える!
やったぜ!

そして最後にもう一度土地を調整する。
土地に始まり土地で終えるのだ。
『呪文のつもりで採用した土地』を除くと土地は26枚。
最終的なデッキは【青黒コントロール】というよりも
【青黒諜報】で、コントロールデッキで使うような7マナの切り札などはない。
そこで土地を1枚減らしてみよう。


最初にコントロールゆえに許容したタップインするだけの土地
《水没した骨塚/Submerged Boneyard》これを外して実質土地25枚の
「いつもの僕のデッキ」くらいの土地枚数になる。
開いた枠に何を入れるかは少し迷ったが、
これは諜報に焦点を当てたデッキだと明確にすることで
プレイの意識を変えるために虚報活動の3枚目を入れる。

これがデッキレシピだ!
僕の使う環境に合わせて調整してあるので
「○○弱いだろ…××のが使うし…」と思ったときは、
迷わず××に入れ替えよう!
君の環境ではきっと君が正しい!
このデッキにあうレアを持ってるんだよねっていう君。
ガンガン入れてほしい。
縛りプレイしてる間、
「持ってない人のために各記事だから仕方ないんだけど、
ヴラスカの侮辱も煤の儀式も持ってるんだよなあ…」って悲しくなった。
縛りプレイはしなくていい。
君のカードプールで最良のデッキに調整してほしい!

【格安虚報活動】

土地 26枚

4《湿った墓/Watery Grave》
4《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1《ディミーアのギルド門/Dimir Gildgate》
1《天才の記念像/Memorial to Genius》
9《島/Island》
7《沼/Swamp》

クリーチャー 10枚

3《思考繋ぎの幻/Thoughtbound Phantasm》★
2《夜帷のスプライト/Nightveil Sprite》(諜報)
2《闇刃の工作員/Darkblade Agent》★
2《夜帷の捕食者/Nightveil Predator》


呪文 23枚

2《アズカンタの探索/Serch for Azcanta》
1《アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast》
3《虚報活動/Disinformation Campaign》★
3《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》(諜報)
4《思考消去/Thought Erasue》(諜報)
4《名声の代価/Price of Fame》
2《発見+発散/Discovery+Dispersal》(諜報)
1《薬術師の眼識/Chamister's Insight》
3《黄金の死/Golden Demize》
1《最古再誕/Elderest Reborn》

さて最後の方はデッキの調整が続いた。
次回はデッキの調整についての記事を書こうかな。