バーチャルVtuver豆猫さんの与太話

バーチャルVtuver(存在しないVtuberを装う遊びをする人) ※当ブログはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC. ウィザーズ・オブ・ザ・コーストのファンコンテンツ・ポリシー|WIZARDS OF THE COAST GAMES 連絡用Gmail:beencatsun@gmail.com

【超次元MTG対戦】TYPE/Zero 第1話「なめくじの歩行速度よりも速く!」

MTGには数々のフォーマット(遊び方)が存在する。

新しいカードで常に新鮮なゲームを楽しめるスタンダード

比較的最近のカードのみを扱うイオニア

古いカードから最新の特殊セットのカードまで、幅広く使えるレガシー。

極一部のカードを除いて「一切の禁止カードがない」ヴィンテージ

 

だがMTGの構築フォーマットは奥が深く、他にもいろいろな構築制限がある。

レアリティの低いカードだけが使用可能なパウパー

約1円以下のカードだけしか使えないペニードレッドフル

味のある絵柄のカードが主役の旧枠モダン

電子ゲームに戦場を移したヒストリック

 

そんなMTGの多様な構築制限の中でも異色な『なんでもあり』のフォーマット。

「タイプ0」

これはその魔境に身を置く真の決闘者たちの戦いを描いた物語である…。

 

超次元MTG対戦 TYPE/Zero

 

注・タイプ0は公式サポートが存在しないフォーマットのため「何をタイプ0とするか」の厳密な定義がありません。
一般的に「どんなカードでも使用可能な無差別級試合」であるとされています。

この物語では、TYPE0/Zeroを「あらゆる定型のマジックのカードを使用可能で、同名カードの枚数制限のないルール」として定義しています。

 

超次元MTG対戦 TYPE/Zero

 第一話「なめくじの歩行速度よりも速く!」

 

「私の名前はレイ!」

「至って普通のMTGプレイヤー。今日も行きつけのカードショップでルールを守って楽しくマジック!」

 

「大変! レイちゃん!」

 

どうしたの? 私の親友のアオイちゃん?」

 

「お店に悪質なMTGプレイヤーが来てるの!」

 

「悪質なMTGプレイヤー? そんなの絶対許せないよ!」

 

 

いきつけのカードショップ

 

「へへっ。また勝っちまった!」

「この斜九寺(なめくじ)様に勝てるやつはいないようだな!」

「次にやるのは、お前か?」

 

「わ、私…あなたと同じフォーマットのデッキがなくて…」

 

「へへっ。安心しな。俺がやるフォーマットはTYPE/Zero

「デッキ構築に煩わしい制限のない理想のフォーマットさ」

「 TYPE/Zeroじゃあ どんなデッキでも『アリ』だ」

 

「じゃあ私のこのデッキも?」

 

「どんなデッキかは知らねーが、TYPE/Zeroはそれを受け入れるぜ」

 

(かかった!)

(このデッキは禁止改定で使えなくなったアタシのとっておき!)

(これならアイツに負けた他の子たちの仇をとれる!)

 

決闘!!

 

「先攻、後攻はじゃんけんでいいか?」

 

「それでいいよ」

 

じゃんけん、ポン!

 

「アタシの先行!」

「土地カード、《霊気拠点》から緑マナを払って《霊気との調和》!」

f:id:omamesensei:20181026204053p:plain

 

 

「あれは禁止カード《霊気との調和》!!」

 

「大会使用禁止の禁断のデッキ!」

 

「ずるいぞ、ミドリちゃん!」

 

「へんっ。なんでもありなんだろ?」

「これもTYPE/Zeroとやらじゃあ当然アリ、違うか?

 

「その通りだぜ。だがなあ…遅い! 遅すぎるぜ!」

 

「えっ!?」

 

「俺のターン! 行けっ! 7枚の《ロケット噴射ターボナメクジ》!!」

 

シュパ―――――ン!!!

 

Life/Zero

 

斜九寺 Win!

 

「一体、今のは…」

 

「まさか…あれはまさか伝説の…」
「【
60枚の《ロケット噴射ターボナメクジ》デッキ】 アルか…」

 

「知っているのか…ミンメイ!」

 

《ロケット噴射ターボナメクジ》

f:id:omamesensei:20181026132558j:plain

超速攻あなたはこれをプレイする1ターン前に、これで攻撃してもよい。

(あなたは自分の攻撃クリーチャー指定ステップに、手札からこのカードを、タップ状態で攻撃している状態で戦場に出してもよい。そうした場合、あなたの次のターン終了時に、あなたがこのカードのマナ・コストをそのターン中に支払っていないかぎり、あなたはゲームに敗北する)

 

「《ロケット噴射ターボなめくじ》は速攻を超える超速攻のカード」

「場に出したターンに直ぐ攻撃可能な速攻能力を上回る『コストを払って場に出すよりも1ターン早く攻撃できる』というジョークカード ネ…」

 

「ライフ20点のゲームでパワー3のナメクジが7体も攻撃してきたなら…」
「当然、1ターンで試合が終わるアル」
 
 「でもデッキに同じ名前のカードは4枚しか入れられないはずだろ!?」 
 
「それは一般的な現代MTGの話アル。」
「いにしえの『本当のマジック』では同名カードの使用枚数に制限がなかったと中国4千年の歴史に刻まれているネ。」
「20枚の《ブラックロータス》が使われていた時代もあった…と」
 
 
 「その通り。TYPE/Zeroフォーマットは そのころの『本当のマジック』に最新のカードを加えた遊びさ」
 
 「こんなことって…」
 
 「さあ、これでこの店の決闘者はみんな倒したわけだ!」
 
 「待ちなさい!私が相手になるわ!」
 
 「レイ、無茶だ!」
「アタシの禁止カード入りデッキでも手も足も出なかったんだぜ!」 
 
「あいつと戦えるデッキならあるわ!」
「いつかこんな日が来るんじゃないかと思っていた!」
 
「勝負よ、斜九寺! こんな『つまらないゲーム』は私が終わらせる!」  
 「アンティ勝負よ!」
アンティ…賭け試合のこと
 
ざわっ…
 
「アンティに賭けるのはカードだけでなく、この店でのType/Zeroプレイ権利!」
 
  「そのアンティ乗った!」
「俺のデッキに貴様が勝てたならもう二度とこの店でType/Zeroはやらねーと誓うぜ!」
 
  決闘!
 
  「先攻後攻はコイントスでいいかしら?」
 
 「構わねーぜ、俺は裏を宣言する」
 
 ピンっ!くるるる… ( 裏 ) 
 
「へへっ。俺様の先攻だー!」  
 
「じゃあマリガンチェックね」
マリガン…ゲーム開始時の手札が悪かった場合、手札を1枚減らして引き直すことができる。
 
  「へへっ。俺様は60枚全部同じカードなんだ。手札事故なんて起こらねーよ」 
 
「そう…。私は…マリガンするわ…」 
 
「どうやら命運尽きたみたいだな…」 
 
「それはどうかしら?…まだマリガンするわ」
 
 「ははは、好きなだけしていろ。負けるまでの時間稼ぎにはなるかもな」 
 
「マリガン終了。残り手札2枚でキープ」 
 
「少ない手札で俺に勝てるものか…俺のターンだ!」 
 
「待ちなさい…!」
この瞬間、手札から力線カードを公開!」
 
 「何ぃっ!?」
 
「あれは力線カード!」
「力線はゲーム開始時の手札に持っていればノーコストで場に出せる妨害カード アル!」
 
 
「だが、使用頻度の高い力線の中に俺のナメクジを妨害できるカードなどない…!」 
 
「これを見ても言えるかしら?」 
 
「青い力線…たしかカードをインスタントタイミングで使えるようにする…」
「いや、イラストが違う! なんだその力線は?」 
 
「あれは!《不同の力線》アル!」
 
「知っているのか!ミンメイ!?」
 
f:id:omamesensei:20181026132507j:plain 
 
「全てのクリーチャーが伝説になる力戦ネ!」
「レジェンドルールによって伝説のカードは場に同名カードを2枚以上出せない決まりアルよ!」 
 
「これであなたのデッキは、名実ともに伝説のナメクジデッキになったのよ…!」 
 
「俺のナメクジが1体しか場に残せなくなる…!」 
 
「ナメクジ1体じゃあ1ターンキルは成立しない…!」
 
 「さあ、あなたのターンよ!」 
 
「だが先攻プレイヤーはドローをしないんだ。先にライブラリアウト(山札切れ)で負けるのは後攻のお前の方だ!」
 
 「それはどうかな?」
「マリガンは手札を引き直す場合、手札が減っていく…」
「その手札はどこへ消えていくの? 
 
「そうか!マリガンをしたプレイヤーのデッキはその数だけ増える!」
 
「私はこれでターンエンド。」
「これであなたの敗け。さあ、サレンダーするなら…」
 
  「サレンダーは…しない!」
「行くぞ《ロケット噴射ターボナメクジ》!」
「超速攻で攻撃してターンエンドだ!」
 
 「…!?」
 
 俺は投了はしない主義だ…ゲームは決着までちゃんと遊ぶものさ」 
 
「…!」
「私のターン。ドローしてエンド」 
 
「俺様のターン。ドロー。そしてエンド。」
「ナメクジの超速攻コストが払えないのでナメクジの効果によりゲームに敗北する…」
 
「お前はつまらないと言ったが…」
「久しぶりにマジックで勝負ができた…」
「勝ちと負けがあるから勝負…それを思い出させてくれて、ありがとよ」 
 
「斜九寺(なめくじ)…!」 
 
「約束通り、俺はもうこの店では二度とMTGで遊ばないぜ…」
 
 「待ちなさい…アンティに賭けたのはType/Zeroのプレイ権だけよ」
 
 「…!」 
 
「今度は普通のデッキを持ってきて」
「普通のマジックならみんなも遊んでくれるはずだよ」 
 
「ありがとう…俺もお前らと…遊んでもいいんだな…」 
 
「もちろんだよ!」
 
「普通のデッキなら大歓迎さ」
 
  私はこんなにも素敵な仲間に囲まれている。
 素敵な仲間たちのいるショップをもう二度と荒らさせない…!
 
  ~~~~ 
「ナメクジがやられたようだな…」 
 
「奴はTYPE/Zero四天王の中でも最弱」 
 
「自分のカードによって敗北するとは、我ら四天王の面汚しよ」
 
 「次は私が行く…あのデッキでは私のデッキには勝てないもの…」 
 ~~~~

 次回予告 

60枚のナメクジを倒したレイのもとに新たなる資格が現れる。

また現れる60枚同じカードを入れたデッキを使うゴスロリに果たしてレイは勝つことができるのか…!

次回、超次元MTG対戦 TYPE/Zero

第二話『脅威の0ターンキル! 黒単の恐怖!』

次回もMTGの闇を覗いてもらおう。     

2話はこちら↓

omamesensei2.hatenadiary.jp