与太話だったりTCGやTRPGの話。

与太話じゃないFGOの話のブログの人の与太話だったりFGOじゃない話をする用のサブブログ。アイコンは神有月リンドウさんからのにょろわーファンアート

超次元MTG対戦TYPE/Zero 第四話 「刹那の策略!最強のTYPE/Zeroデッキ」

次元MTG対戦 TYPE/Zero
第四話 「刹那の策略!最強のTYPE/Zeroデッキ」

 

前回までのあらすじ

3人目の四天王、猿渡の使う【うねる炎の類人猿】デッキは【黒単ドロスの大長】すら凌駕する「『0ターンキル』キル」デッキだった。

仲間であったはずの同じ四天王、長田を手にかける猿渡

我らが主人公、レイが豹変する。

 

「まだ私マリガンするかどうかすら決めていないのよ?」
「見せてあげる。策略の真の力…呪文を唱える本当のマジックを」

ゾクッ…

(レイちゃん、怖いよ…いったいどうしちゃったの…!?)

 

「まずはゲーム開始前の処理として私のデッキからカードを取り除く…」

f:id:omamesensei:20181027173304p:plain

 

アーティファクト

アンティを賭けてプレイしない場合、プレイを開始する前に宝石の鳥をあなたのデッキから取り除く。
(T):宝石の鳥をアンティにする。そうした場合、そのアンティにあるあなたがオーナーである他のすべてのカードをあなたの墓地に置く。その後カードを1枚引く。

 

「あれは『アンティに関するカード』アルか!?」

 

「知っているのか、ミンメイ!?」

 

「アンティはいにしえのMTGに存在した賭けのルール。互いのプレイヤーはデッキからランダムに選ばれたカードを賭けて戦い、勝者は敗者からアンティのカードを奪うことができたアル。」

「そういったアンティに関わる効果を持つカードも少数ながら存在し、それらのカードにはこう書かれているアル」

「アンティを賭けてプレイしない場合、プレイを開始する前にこのカードをあなたのデッキから取り除く、と」

 

「プレイを開始する前に?」

 

「もはやTYPE/Zeroではゲームが始まる前から勝負は始まっているっていうの…」

 

「言ったはずよ、私はこのゲームに『何も賭けはしないと』!」

「私のデッキからすべてのアンティカードを取り除く…残りデッキは7枚」

 

ざわざわ

 

「ええっ!? 7枚だけ!?」

 

「7枚…それってMTGの初期手札枚数じゃない!?」

 

「これにより私の初期手札に『手札事故』はなくなり確実に決められた7枚で戦える」

「さあマリガンチェックに進みましょうか? 私は当然キープ」

 

「俺もキープだ」

 

「では、ゲーム開始時に何かあるかしら?」

 

「ないぜ。お前のターンを初めて構わない」

 

「では私のターン。そしてこれでおしまい」

「手札からあなたと同じ≪類人猿の指導霊≫を追放」

「赤マナを1つ得るわ」

「そして策略カードをサイドボードから公開する!」

「≪ブレイゴの好意≫」

f:id:omamesensei:20181027175338j:plain

 

そのカードには≪突然のショック≫という文字が書き込まれた付箋が貼られていた。

 

「さらに公開。≪一石二鳥≫を9枚。指定はこちらも全て≪突然のショック≫」

f:id:omamesensei:20181027175857j:plain

 

「そしてあなたを対象に2点のダメージを与えるインスタント呪文、≪突然のショック≫を唱えるわ」

「唱えるためのコスト2マナは1マナを≪ブレイゴの好意≫で軽減。残りの赤1マナを≪類人猿の指導霊≫から確保。」

「唱えたことにより9枚の≪一石二鳥≫の効果でコピー。」

「≪突然のショック≫のコピーが9個生まれる。対象は全てあなた」

「コピー元と合わせて10個の≪突然のショック≫から合計20点」

「グッドゲーム…。」

 

一瞬、それは刹那のできごとだった。

猿渡が何かをする暇もなくライフポイント20点が0に変わっていた。

 

「いったい何が…?」

 

「猿渡のやつ…なんで【うねる炎の類人猿】コンボをしなかったんだ?」

「スタックとかなんとかで対応できるんだろう?」

 

「無理アルよ」

「突然のショックに対して≪うねる炎≫は撃てない理由があるアル」

 

「なにか知っているのかミンメイ!」

 

「『刹那』アル」

f:id:omamesensei:20181027212839p:plain

 

刹那(この呪文がスタックにある限り、プレイヤーは呪文やマナ能力でない起動型能力をプレイできない)

 

「刹那能力を持つ呪文が唱えられてから解決されるまでの間、次の呪文は唱えられないアル」

「≪類人猿の指導霊≫からマナは出せても、そのマナで≪うねる炎≫をプレイすることはできない」

「それだけじゃないアル。スタックでの対応ルールは打ち消しなどのカウンター呪文やダメージの矛先を捻じ曲げる呪文、あるいはダメージを軽減しなかったことにする呪文。そういった妨害呪文も撃つことができなくなるアル…」

 

「それじゃあ、あの≪突然のショック≫と≪一石二鳥≫9枚のコンボが始まったら…」

 

「何一つ妨害はできないってことね…」

 

「すげー!最強のデッキだ!」

 

(それがレイちゃんが本当にしたかった決闘なの?)

 

「アンティがなしって決まりだから拘束力はないけど、あんたは二度とこのショップには来ないで」

「私は、私のしたい『楽しい』マジックを守らないとならないんだ…」

 

パチパチパチ…

乾いた拍手の音がレイの言葉に続いた

 

「素晴らしい。素晴らしいデッキだよ。レイ」

 

「!?」

 

「あなたは一体…?」

 

「…兄さん…。」

 

「えっ!? レイちゃんのお兄さん!? 数年前に家出したっていう!?」

 

「気を付けて…あの男は、四天王最後の1人よ!」

 

「レイの兄貴が…最後の四天王!?」

 

「お前もついにこちら側に堕ちたな、レイ」

「TYPE/Zeroの暗黒面に」

 

「暗黒面…」

 

「うすうす気づいてはいたんじゃないか?」

「楽しいゲーム、楽しいゲームと面白さを求めるカジュアルゲーマーだったお前が」

「そんな凶悪なデッキを作り上げたんだ」

「勝つのは面白いだろう?」

「勝利こそが全てだろう?」

「勝つから面白いんだろう?」

 

「違う…私は…もっと…みんなと楽しいマジックがしたかったのに…」

「普段は使わない銀枠(ジョークセットのカードのこと)や、策略カードを使った多人数戦のパーティプレイがしたくて…」

「それで色んな面白そうなカードを集めて…みんなとカジュアルフォーマットで遊びたくて…」

 

「そう、なめくじのような銀枠カードを実際に使って遊べるフォーマットを探し…」

「そうしてTYPE/Zeroにたどりついた」

「同じなんだよ、レイ」

「楽しいゲームのための『なんでもあり』であるカジュアルと」

「力を求め勝利がすべての世界になる『なんでもあり』のTYPE/Zeroは」

 

「レイの兄貴だか何だか知らないけど勝手なことを言ってるんじゃねえ!」

「この子はこの店の誰よりも『楽しい』ゲームができるよう頑張って、四天王から店を守って…」

「この子のプレイスタイルを否定させたりしない…!」

 

「ミドリちゃん…!」

 

「私と勝負しろ!」

 

「構わんよ」

 

決闘!

 

【刹那さみだれ撃ち】!

 

「うわー!!!」

 

「ミドリちゃん…!」

 

「あのデッキはやはり…」

 

「同じデッキアル!」

「刹那呪文と策略による完封デッキ!」

 

「つまらないものだな…」

「強すぎるデッキの行き着く先は…」

 

「兄さん…」

 

「カジュアルのゲームをしたかった、しかしカジュアルだからという理由でガチデッキに敗けたくはなかった。」

「カジュアルで友と遊ぶ時もできれば勝ちたかった」

「『なんでもあり』のカジュアルフォーマットの行き着く先は…」

「『なんでもあり』の理論上最強を探すTYPE/Zeroだったんだよ」

 

「そんなの!私は認めない!兄さん!互いの信念をかけて決闘よ!」

「力を求め理論上最強を探す兄さんと楽しくどんなカードでも使えるゲームを楽しむ私と…」

 

「悪いな、それじゃあ賭けになどなるまい」

「おまえの握っているそのデッキがすべての答えだ」

「その禁断のデッキを手にした時点で…お前の信念は折れているんだ…」

 

「それでも私は…!」

 

「決闘せずにはいられまい?」

「勝ちたいのだろう?」

「だがこのデッキとそのデッキが戦えば答えは明白だ」

「まず互いに≪権力行使≫を見せ合い、コイントスで先手後手を決め」

「先手になった方が勝つ」

「対戦相手にカードを使わせずにな…」

 

「そんなの…やってみないとわからない…!」

 

「いいや、やらなくてもわかっているはずだ」

「そのデッキとのゲームにつけいるスキはありはしないのだと…」

「それとも私と不毛なコイントス遊びをするか?」

 

「私は…私は…」

「証明して見せる…!」

 

「来い!レイ!」

(そして、俺を倒してくれ…こんな不毛な『コイントスするだけのゲーム』ではないんだという可能性を…俺に…なんて考えてしまうのは虫が良すぎるか)

(お前と戦い、俺は名実ともに最強の決闘者になる…!)

 

 

次回予告

遂に現れた最後の四天王。

その正体はレイの兄だった。

「楽しさ」を求めて『なんでもあり』のカジュアフォーマットで遊びたかったレイと

「強さ」を求めて『なんでもあり』のTYPE/Zeroにたどり着いた兄。

表裏一体、コインの裏表である二人の試合はコイントスだけで決まってしまうのか?

次回、超次元対戦MTG対戦TYPE/Zero

第五話「思いは時を超えて…」

 第5話↓

 

omamesensei2.hatenadiary.jp