与太話だったりTCGやTRPGの話。

与太話じゃないFGOの話のブログの人の与太話だったりFGOじゃない話をする用のサブブログ。アイコンは神有月リンドウさんからのにょろわーファンアート

超次元対戦MTG対戦TYPE/Zero 第五話「思いは時を超えて…」

超次元対戦MTG対戦TYPE/Zero

第五話「思いは時を超えて…」

 

前回までのあらすじ

最強のデッキ【刹那策略】デッキ。

それは「どんなカードでも使える」夢のフォーマットを

「特定のカードしか使えない」世紀末フォーマットに変えてしまった。

カジュアルと最強の間で兄妹が雌雄を決する戦いが始まろうとしていた…

 

~~~回想シーン~~~

 

「兄さん! MTGって面白いね」

 

「だろう? 病弱な子でも大男と対等に戦えて勝てる…そんな魔法のゲームなんだ」

 

「あれ? 兄さんそっちにある英語のカードは?」

 

「ああ、これかい。これは銀枠と言ってMTGをもっと楽しくするカードなんだ」

 

「もっと楽しくなるの!」

 

「ああ。もちろんさ。MTGはいくらでも楽しめるんだよ」

 

でも私はまだ英語は読めない…」

 

「そうだね。でも大丈夫。今すぐに読めなくてもいいんだ。」

「レイが大きくなってからでも楽しめるよ」

 

「ええー。やだよ。今使いたい! だってローテーションっていうのがあるんでしょ」

「新しいカードは数年したら使えなくなるんでしょ」

 

「ははは、大丈夫だよ。これは銀枠のカードだから」

 

「銀枠はスタンダード落ちしないの?」

 

「ああ、しないよ。というよりも銀枠はスタンダードでは使えないんだ」

 

「ええ!? 使えないカード!?」

 

「銀枠はカジュアルフォーマット用のカードだからね。普通のルールでは使えないんだ」

 

「カジュアル?」

 

「『なんでもあり』のルールさ。スタンダードを落ちたけどお気に入りのカードとか禁止カードだって使える」

 

「禁止カードも!? なんで!?」

 

「うーん、例えば2枚のカードが組み合わせたら凶悪なコンボになるときにどちらかを禁止して止めることがあるんだ」

「でも禁止されたカードはそのカード同士で組み合わせなければ安全でおもしろいことができる…そういうことがあったりするんだ」

「そんな時にカジュアルフォーマットで使うのを受け入れる。そのかわり禁止理由になったコンボは使わない」

「そうやって楽しく使いたいカードは『なんでも』使うのがカジュアルさ」

 

「私もカジュアルやりたい!」

「その箱の中のカード使いたい!」

 

「英語がまだ読めないだろう?」

 

「勉強するもん!」

 

「よし。じゃあ兄さんも付き合おう」

「まずはこいつからかな。これはロケット噴射ターボなめくじと言ってね…」

 

~~~それから数年~~

 

「ふふふ。できた!私のとっておきのデッキ」

 

「また面白いデッキを作ったのかい?

 

「うん、最強のデッキだよ!」

 

「最強のデッキ? それは凄いじゃないか!」

 

「でしょう?」

 

「じゃあどんな風に戦うのか教えてごらん?」

 

「ええ? 聞くよりやってみようよー!」

 

「それもそうだな。よし。じゃあ相手しよう。何がいいかな。【頑固爺さんクロックパーミッション】で行こう」

 

「ふふっ。兄さんそれ好きだね」

 

「雪被り平地渡り…面白いだろう?」

(雪被り平地渡は頑固爺さんの能力のひとつ。〇〇渡りは対戦相手が〇〇という土地を出している場合に働く能力。雪被り平地というピンポイントなカードを相手が使っていると強くなる)

 

 

コイントス…(表)

 

「私の先攻ね! じゃあまずは雪被り平地をプレイしてターンエンド」

f:id:omamesensei:20181027235659p:plain

「おいおい接待プレイかい?」

 

「だって兄さんとカジュアルで遊んでくれる人は誰も雪被り平地を使わないじゃない」

「私くらいは使ってあげないと」

 

「よし、準備ができた。これが私の【千夜一夜物語】のメインギミック!」

 

「おお…よく考えたね…でもそれは重大な欠点があるよ」

 

「ええ? そうなの?」

 

「ここで僕が投了したらそのコンボは止まっちゃうから完成しないんだ」

 

「そんなーずるいよー」

 

「ずるくない。ルールを守って楽しく遊ぶんだ。降参するのもルールのうちさ」

 

「ぶー。」

 

「…やれやれ。これは雪被り平地の分だからな。 優先権を放棄するよ。投了もしない」

 

「…! やったあ! 見てて見てて! これをーこうしてー!できたー!最強のコンボ!」

 

「うわあ…やられたー!」

 

それが兄さんとの最後の決闘になった。

その少し後に兄さんは家を出てしまったのだ…。

 

~~~

 

「さあ、終わらせよう。TYPE/Zeroを極めた以上これはコイントスのゲームでしかない。表なら私の先攻。裏ならお前の先攻だ。」

「そしてそれはそのまま勝者を決めることになる。」

 

「いいえ、私は兄さんを否定する必要がある。コイン投げに勝った方が選べる形式にしましょう」

 

「何か考えがあるのか?」

「いいだろう見せてみろ!私は表を宣言する!」

 

コイントス…(裏)

 

「先攻はレイだ!」

 

「レイちゃん…」

 

「私は…後攻を選ぶ!!」

 

ざわざわ

 

「ええ…」

 

「どうして…」

 

「私はこのゲームが先手が絶対勝利するわけじゃないと示したいの!」「カジュアルには無限の可能性がある!TYPE/Zeroも同じなんだから!」

 

「なら私の先攻!容赦はしない!デッキから≪青銅のタブレット≫を取り除きデッキは7枚!マリガンはなし!」

 

「私もマリガンはしない…」

 

「おい!あれを見ろ!デッキが厚いぞ」

 

「7枚じゃない?」

 

「これが私の【千夜一夜物語】!」

 

「ゲーム開始時に…はるか時を超えて7発のDouble Deal!

f:id:omamesensei:20181028001635p:plain

ソーサリー
他のプレイヤー1人を選ぶ。Double Dealはそのプレイヤーに3点のダメージを与える。そのプレイヤーとの次のゲームの開始時に、さらにそのプレイヤーに3点のダメージを与える。

 

「兄さん! あなたは忘れているかもしれないけど!」

「私たちの最後のゲームはこのデッキと同じコンセプトだった!」

「そしてあの時、私は墓地回収で使いまわしたこれを7回使った!」

「ゲーム開始時に21点のダメージを受けてもらいます!」

 

「…!」

「驚いた…お前の方こそ…覚えていたんだな…」

 

次回、最終話。

「突然のショックの解決よりも早く」

 

最後の一撃は…刹那い…。


最終話↓

https://omamesensei2.hatenadiary.jp/entry/2018/10/28/152150