与太話だったりTCGやTRPGの話。

与太話じゃないFGOの話のブログの人の与太話だったりFGOじゃない話をする用のサブブログ。アイコンは神有月リンドウさんからのにょろわーファンアート

【スタンダードPauper】スフィンクスの眼識【新カード・レヴュー】

心待ちにしていたアゾリウス(青白)のメカニズム公開だ!

留置は非常によくできていて能力の再録枠があるはずだから、

留置が採録されるはず…という期待を膨らませていた。

f:id:omamesensei:20181222033816p:plain

 

それで結果は?

f:id:omamesensei:20181222033758p:plain



留置じゃないやん!

留置が入ってないやん!

 

とはいえ落ち着こう。

この附則という能力は評価が難しい。

コストが小さければ強力だが「附則がついている」のでコストが高くなりそうなちぐはぐ感を感じる。

とはいえ附則は未知数の力を秘めている。

何故なら附則能力語だからだ。

能力語は誘発条件などが共通するカードをくくるだけなので

実際にはそれぞれのカードごとに全然別物になる。

附則だけで評価することは難しい。

 

さてそんな附則のコモンカードがプレヴューされた。

それはスフィンクスの名前を冠する素晴らしいインスタントだ。

スフィンクスと名の付くインスタントといえばこれだろう。

f:id:omamesensei:20181222034614p:plain

そしてスタンダードPaupaerにも同系統のカードが出た。

それがこいつだ!

スフィンクスの眼識≫

f:id:omamesensei:20181222033457p:plain

 

こいつは凄い!強いカードだ!

なんとインスタント4マナでカードを2枚引ける

 

そんな当たり前のことを…と思うかもしれない。

 

だがしかしスタンダードPauperのカードの貧弱さを君はなめている。

ここで最近の4マナ2ドローのインスタントを見て見よう。

f:id:omamesensei:20181222035122p:plainf:id:omamesensei:20181222035236p:plain

 

お分かり頂けただろうか?

 

そう。これらはアンコモンなのである。

なんと現在のスタンダードPauperでは4マナインスタントで2ドローという

コントロールデッキの「人権」ともいえるような基本の動作が存在しないのだ。

 

だが次のセット「ラヴニカの献身」のプレヴューカードであるスフィンクスの眼識でスタンダードPauperに4マナ2ドローインスタントが返ってくる!

 

そしてこれが多色カードであることも注目したい。

例えば「グリクシスコントロール()」ではスフィンクス眼識は使えない。

白いコストが必要なためだ。

 

つまり次期スタンダードPauperのコントロールデッキにおいて

系が一歩先を行く形になる。

特に赤黒の能力があまりコントロール向けではなかったため

有力な追加カードがないグリクシスに対して今まで影を潜めていたアゾリウスコントロールが大きく差を縮めてくることだろう。

 

コモンカードはなかなかスポイラーで公開されないので

フルスポイラーを心待ちにしよう。

あなたのギルドでスタンダードPauperを楽しめますように!