バーチャルVtuver豆猫さんの与太話

バーチャルVtuver(存在しないVtuberを装う遊びをする人) ※当ブログはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC. ウィザーズ・オブ・ザ・コーストのファンコンテンツ・ポリシー|WIZARDS OF THE COAST GAMES 連絡用Gmail:beencatsun@gmail.com

【#MTG】圧倒的洞察で青単アグロ(大嘘)【青白オーラ】

青単アグロというデッキを覚えているだろうか?

 

青単アグロは少し前に流行ったデッキだ。

少し前に流行ったということは逆説的につい最近始めたばかりの初心者は知らないということでもあるのでおさらいしておこう。

 

土地は《島》だけという潔い構成。

1マナ1/1のような貧弱なクリーチャーを1ターン目に設置。

「ほう、まずは様子見といったところか?」と思う相手に対して、

2ターン目に《執着的探訪》を1マナクリーチャーにつけて攻撃。

ドロー。

f:id:omamesensei:20200126164905p:plain

 

続く相手のターンでのクリーチャーは《送還》で手札に戻し、非クリーチャー呪文は《呪文貫き》で抑えて返しで攻撃、《執着的探訪》でドロー。

あとは島が2枚以上立った状態でのやり取りが続く。

相手のアクションはことごとく打ち消しや呪禁付与でいなし、

そうして1ターンが経過するたびに貧弱な2/2のパンチ、《執着的探訪》でドロー。

 

いくつかの切札の追加こそあるが、基本的にはこの動きを繰り返すデッキだ。

クロックパーミッションのお手本とでも言うべきデッキで、根強いファンがいる。

 

しかし、このデッキのキーパーツ《執着的探訪》がローテーションによりスタンダードから消えたことであえなく消滅した。

 

そんな青単アグロのファンが湧いたのがこのカード。

 

《圧倒的洞察》

 f:id:omamesensei:20200126164938j:plain

 

あの《執着的探訪》に白1マナを足したことで絆魂がつくようになった。

青単アグロの再来か!?(もう青単じゃ使えないけど)などと少しの間もりあがり…

 

特に音沙汰ないまま現在に至る。

 

そういうわけで青単アグロを楽しんだ身としてはまた青単アグロのようなデッキを使いたい!

というわけで今回は青単アグロみたいな動きをするファンデッキを考えていこう。

(あくまで青単アグロみたいなのを作るのが目的であり、ガチデッキにはならないです。)

 

 

カウンターの不在

 

というわけでデッキをざっと組もうとして最初にぶち当たる壁が「1マナカウンター」の不在である。

ここでいう1マナカウンターとは打ち消しに限らず広い意味での「相手の動きを潰す1マナの呪文」である。

 

例えば青単アグロでは《潜水》《呪文貫き》がその役割を果たしていた。

f:id:omamesensei:20200126165034p:plain

 

1ターン目に1マナの《霧まといの川守り》

 f:id:omamesensei:20200126165107p:plain

 

2ターン目に《執着的探訪》をつけつつ島を1つ残して、

 f:id:omamesensei:20200126165118p:plain

 

川守りに飛んでくる除去を1マナカウンターで弾く。

f:id:omamesensei:20200126165133p:plain 

 

この動きこそ青単アグロの魂のムーブだった。

 

それなのに!

今の環境ではそういう呪文が存在しない。

《ケイラメトラの恩恵》があるじゃん、エアプか?」と思った人はいるかな? 

f:id:omamesensei:20200126165153j:plain

 

その考えはあまりにも甘い。

《ケイラメトラの恩恵》エンチャントがついていないと呪禁を付与してくれない

3ターン目に…

《圧倒的洞察》を唱えます」

「じゃあ、つけるクリーチャーに除去」

ここで《ケイラメトラの恩恵》を唱えても無駄だ。

 

まだ《圧倒的洞察》は着地していないので、クリーチャーは守れずそのまま死んでいく。

これが現実である。

 

つまり圧倒的洞察とカウンターを並べることができるのは4ターン目以降。

なにがアグロ(前のめりな)だよ。

 

せめて後1ターンは早めたい。

 

3ターン目に《圧倒的洞察》をつけてカウンターを構える!

最低限、それができないと青単アグロっぽいとは言えないでしょ。

いや、もう3ターン目でもね。遅いんだけどね。

そこはまあガチじゃなくてカジュアルだからぎりぎり許せる。

4ターンはさあ、ダメでしょ…。

 

 

そんな時、閃いたのがこちら。

 

《星明かりのマント》

 f:id:omamesensei:20200126165213j:plain

 

2マナじゃねーか!という突っ込みが出るのは想定内だ。

しかし、現環境には2種類のエンチャント・コスト軽減があるのは知っているかな? 

f:id:omamesensei:20200126165426p:plainf:id:omamesensei:20200126165435p:plain

 

 

 

同じ役割のカードが8枚あればデッキになる…なんて言葉もある。

 

2ターン目にこいつらを出して、

3ターン目に《圧倒的洞察》して、

《星明かりのマント》でカウンター!

 

よし。これでいこう。

 

まずは土地から

 

現在つかえる青白の2色土地でこのデッキと相性がいいのは…

アンタップインできる《神聖なる泉》

f:id:omamesensei:20200126204947p:plain

 

マナフラッド・マナスクリューの対策になる《啓蒙の神殿》

f:id:omamesensei:20200126205004p:plain

 

青単アグロほど前のめりじゃなくなったので、1ターン目にタップインの猶予がある。

それぞれ4枚詰めよう。

 

それから《寓話の小道》はデッキをほんの少し圧縮してくれる。

f:id:omamesensei:20200126205028p:plain

 

積みすぎるとリスクもあるのでこちらは2枚だけ。

 

青単アグロよりも土地を引き込みたいので土地の総枚数は全盛期の青単アグロの島20枚から、1枚増やして21枚くらいでいいかな。

 

《きらきらするすべて》

f:id:omamesensei:20200126204853p:plain

このデッキの打撃力を引き上げる重要なカード。

軽減して1マナでつけられるのでカウンターと同時に構えやすい。

 

《蛙化》

f:id:omamesensei:20200126204932p:plain

除去カードもオーラを使うことで軽減を有効活用。

 

《フェアリーの荒らし屋》

f:id:omamesensei:20200126205108p:plain

圧倒的洞察と合わせることで打点向上。

瞬速なのでカウンターを構えて何もしなかったターンに出しやすい。

 

《幽体の船乗り》

f:id:omamesensei:20200126205142p:plain

 

このあたりに構築を寄せるなら《海の神のお告げ》もオススメ。

 

《紺碧のドレイク》

f:id:omamesensei:20200126205214p:plain

このデッキの燻し銀。

そもそも2マナで飛んでくる除去の大半が赤なのでプロテクション(赤)のこいつはスムーズにつなげる。

プロテクション(赤)は《嵐の怒り》でも流されない。

黒相手ならハンデスから手札の《圧倒的洞察》を守れる。

 

2マナで飛んでくる青の除去…《厚かましい借り手》…?

知らない子ですね。

 

《厚かましい借り手》

f:id:omamesensei:20200126205317p:plain

 

今知った。

これは全盛期の青単アグロの《敏捷な妨害術師》と同じ、

妨害と3/1瞬速飛行を兼ねた強力なカード。

使わない手はないだろう。

 

《神秘の論争》

f:id:omamesensei:20200126205402p:plain

 

マジで厚かましい借り手だけはどうにもならないので何かいい解決策はないか考えた。

(対青限定の)このデッキ待望の1マナカウンターである。

対色カードにしては珍しく、それ以外の色に対しても完全に死に札にならないのが偉い。

 

というわけで青単アグロ(青単でもアグロでもない)が完成。

基本的にはファンデッキの域を出ないのっぺりしたデッキなので勝ちを求めるならテフェリーとか入れると、いいんじゃないかな…

 

現在の青白のエンチャントデッキならしっかり土地伸ばしてフィニッシャーに《夢さらい》したほうが強い。

 

それでもまた回してみたくなるのだ。

あの青単アグロみたいなデッキを。

イコリアでいい感じのカウンター増えてほしいなあ。

 

 

 デッキ 【青白オーラ】

土地 21枚

4 神聖なる泉 (RNA) 251
4 啓蒙の神殿 (THB) 246

2 寓話の小道 (ELD) 244

6 平地 (THB) 279

5 島 (THB) 281

 

オーラ 14枚

4 圧倒的洞察 (THB) 228

4 星明かりのマント (THB) 67

4 きらきらするすべて (ELD) 2

2 蛙化 (ELD) 47

 

クリーチャー 19枚

4 星原の神秘家 (M20) 39

4 卓絶した特使 (THB) 40

4 幽体の船乗り (M20) 76
2 厚かましい借り手 (ELD) 39
3 フェアリーの荒らし屋 (ELD) 45
2 紺碧のドレイク (M20) 53

 

インスタント 6枚

4 ケイラメトラの恩恵 (THB) 26

2 神秘の論争 (ELD) 58





デッキいじってると別物に仕上がっていることない?カードゲーマーあるある)

 

というわけで何度かの実践を経てレシピがどんどん変わっていくのであった。

現在の型はこれ↓

 

 

デッキ
4 絞首された処刑人 (M20) 22
4 平地 (RIX) 192
8 島 (RIX) 193
4 幽体の船乗り (M20) 76
2 送還 (M20) 78
4 フェアリーの荒らし屋 (ELD) 45
2 厚かましい借り手 (ELD) 39
4 翼ある言葉 (M20) 80
2 寓話の小道 (ELD) 244
4 神聖なる泉 (RNA) 251
4 天穹の鷲 (M20) 208
3 星明かりのマント (THB) 67
1 ヴァントレス城 (ELD) 242
4 海の神のお告げ (THB) 58
4 啓蒙の神殿 (THB) 246
2 フェアリーの導母 (ELD) 11
4 圧倒的洞察 (THB) 228

 

 エンチャントのコスト軽減と《圧倒的洞察》自体がそんなに相性が良くない。

《圧倒的洞察》と組ませるなら違う方法があるでしょ。

というわけで形を変える。

青白で飛行が多い点に着目し天穹の鷲型のアゾリウススピリットに近い構成へ。

飛行クリーチャーの打点を高めて圧倒的洞察の絆魂と合わせてダメージレースを動かす感じになった。

 

触ってる感触としては処刑人4が怪しい。

他の候補を探す。

単純にテフェリーを足して圧倒的洞察に除去を重ねられないようにするのがいいかもしれない。