バーチャルVtuver豆猫さんの与太話

バーチャルVtuver(存在しないVtuberを装う遊びをする人) ※当ブログはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC. ウィザーズ・オブ・ザ・コーストのファンコンテンツ・ポリシー|WIZARDS OF THE COAST GAMES 連絡用Gmail:beencatsun@gmail.com

基本根本サンプルず!~すごく普通な冒険者たち~ 第4話 ゴブリン討伐へ。

f:id:omamesensei:20211129204011j:plain

引用:ソード・ワールド2.5 種族紹介 | 富士見書房公式 TRPG ONLINE

 

 

GM: さて、では皆さんどうしましょう? このまま村で一晩寝て旅の疲れをとってからゴブリン退治に行きますか? それとも…

 

人間の戦士ファイターケイ: そんなに悠長にしてはいられないな。例え生存が絶望的でも少年を助けるために一刻も早く森へ行くべきだ。

 

ドワーフ神官戦士プリーストオスガル: ワシも同意見じゃ。すぐにでも救助に向かおう。

 

GM: では少年の面倒を見ていた狩人のおじさんが森までは案内してくれます。すでに伝えた通り、彼はあくまで獣を狩る猟師でしかないので、蛮族のいる廃墟までは連れていってくれず、村へ引き返します。

 

狩人: 「すでに日が落ち始めている。夜の森は危険だ。十分に気をつけてほしい。幸運を祈る」

 

GM: さて、ここから先に進みゴブリンたちが拠点としている廃墟へ行くためには足跡追跡の判定を行なってもらいます。

一番、成功率が高いのはケイだからまずはケイが振ってみて。

 

ころころと転がったサイコロ2つの出目の合計は8。判定成功に十分な値です。



GM: それじゃあケイは斥候スカウト技能での判定に成功したので、ゴブリンたちの足跡を見つける。君がその足跡を追って森に分け合っていくと行く先にゴブリンとフッドが3匹ずつ、合わせて6匹の蛮族がいるのが見える。

ゴブリンたちはまだ君たちに気づいていないようだ。

戦闘を仕掛けるなら先制判定に+2のボーナス修正を貰えるよ。

 

人間の戦士ファイターケイ:よし、じゃあ仕掛けるよ。みんな準備はいいか?

 

一同: おー!

 

GM: それでは戦闘開始です!

まず戦闘準備に行動するキャラクターはいるかな?

 

ドワーフ神官戦士プリーストオスガル: ワシじゃ。エルフの嬢ちゃんに【かばう】の戦闘特技を使うぞ。

 

GM: 了解。それじゃあ、次はいよいよ先制判定。

 

サイコロ2つを振って敵側の先制値以上になればパーティ全員が魔物より先に行動できる。

逆に相手の先制値の方が高ければゴブリンたちが先に攻撃してくることになる。

 

GM:

斥候スカウトであるケイは先制力3点を持っているのでサイコロの出目に+3できる。そうそう、さっきの判定でボーナス修正を得ているからもう2点上乗せして+5だね。

 

人間の戦士ファイターケイ: よしっ、仕掛けるぞ! 出目合計は10、+5して先制15点!

 

GM: ゴブリンたちの先制値は11点。ケイの勝ちだ! 君たち全員が先に行動できるよ!

 

タビットの魔法使いヴォーパル : 「それじゃあ、まずはオイラの範囲魔法で一気に削るぜ!」そう言うと【スパーク】の呪文を唱える。

 

【 スパーク】は同じエリアにいる敵5体を同時に攻撃できる魔法だ。

敵は6体いるから、ランダムに1体を選び、その魔物は効果を受けない 選ばれたのはゴブリン。

ゴブリンとフッドは魔法攻撃が弱点のため、ヴォーパルの放った【スパーク】の魔法で7~9点のダメージを受けます。この蛮族たちのHPは10~16点なのでこれは相当大きなダメージです。

 

タビットの魔法使いヴォーパル : 「どんなもんだい! オイラを連れてきて正解だっただろ?」

 

人間の戦士ファイターケイ : 「ああ! とてもたのもしいよ。よし、弱っている奴らから叩いて敵の数を一気に減らすそう!」

 

バスタードソードを鞘から抜いてフッドに走り寄って斬ります。

 

人間の戦士ファイターケイ : クリティカルだ!16点ダメージ。

 

GM : おお、すごいダメージだ。それじゃあ君に斬られたフッドは倒れた。

 

ドワーフ神官戦士プリーストオスガル : 「みな、彼に続けぇ!」と叫んで飛び込むぞ。それとエルフの女騎士どのが蛮族に怯えなくて済むように彼女に対して【かばう】を宣言しておく。

ヘビーメイスの重たい打撃がフッドを粉砕する。

 

エルフの神官剣士プリーストイルセリエ : それに勇気づけられて怯えていた私も覚悟を決めて突撃します。

 

GM : では戦士系のみんなの攻撃でヴォーパルがHPを削ったフッドたちは全滅する。残るはゴブリンだけだ。

 

ルーンフォークの銃手レベッカ : では私は【スパーク】の当たらなかったゴブリンを狙います。弾丸に【クリティカル・バレット】の魔動機術をかけて…

む。クリティカルには出目が1足りませんでしたね。弱点込みで12点の魔法ダメージです。

 

GM : それじゃあ、撃たれたゴブリンはギャッと悲鳴をあげる。残りHP4点。

これで、全員行動し終えたね。6匹の蛮族のうち、3匹のフッドは倒したけど、まだゴブリンが3匹残っている。今度はゴブリンが攻撃してくる番だ。



GM :うーん。ゴブリンは形勢不利と見るや、汎用蛮族語で「コウサン!コウサン!」と叫ぶよ。

 

ルーンフォークの銃手レベッカ:信用なりません。銃を構えたままにらみつけます。←(蛮族語を聞き取れる)

 

GM:じゃあ仕方ない。戦闘続行だ。 1匹目のゴブリンは誰を狙うかな…サイコロで決めよっと。

(ころころ…)イルセリエを狙って攻撃するよ。

 

エルフの神官剣士プリーストイルセリエ : 悲鳴を噛み殺しますわ。

 

ドワーフ神官戦士プリーストオスガル : その攻撃はワシが【かばう】で引き受ける。

 

GM:ではこん棒の攻撃、物理ダメージ9点。

 

ドワーフ神官戦士プリーストオスガル : 9点のダメージを鎧と盾で6点防いで、たったの3点に減らすぞ。

 

GM : では2匹目のゴブリン。  おっと、またイルセリエに攻撃だ。

 

エルフの神官剣士プリーストイルセリエ : それは躱します。

 

GM : 最後のゴブリンは ケイに攻撃。

 

人間の戦士ファイターケイ : 6ゾロ。自動成功だ。そんな闇雲なこん棒じゃオレには当たらないぞ。

 

蛮族が手番を終えて 戦闘は2ラウンド目に突入。



人間の戦士ファイターケイ : では一番HPが残っているゴブリンに【全力攻撃】を宣言。

 

【全力攻撃】は回避力が下がる代わりに攻撃のダメージを上げることができる戦闘特技です。

 

GM : 強いな。ゴブリンはその攻撃で倒れるよ。

 

ドワーフ神官戦士プリーストオスガル : ワシも続くぞ。

盾を捨てて、武器を両手持ちに切り替えて威力を上げる。

 

GM : いいね、2匹目のゴブリンも倒れたよ。

 

エルフの神官剣士プリーストイルセリエ : では私もゴブリンに攻撃しますわ。

(命中判定ころころ…)あっ…出目が低い! 当たりませんでした。

 

GM:ではイルセリエはゴブリンと目が合い、すくんでしまいます。

 

タビットの魔法使いヴォーパル : それを見て、ゴブリンに【エネルギー・ボルト】を撃ち込むぜ。

 

GM : その攻撃魔法で最後のゴブリンも倒れました。戦闘終了です。

 

エルフの神官剣士プリーストイルセリエ :「ありがとうございます。ヴォーパルさん」

 

タビットの魔法使いヴォーパル : 「危なっかしくて見てられないぜ。やっぱりこのパーティには、オイラの最強魔法が必要みたいだな!」とドヤるよ。

 

一同:(笑)



人間の戦士ファイターケイ :最強魔法【スパーク】は確かに強かったものな(笑)



目的地の廃墟へ着く前に蛮族の小集団を倒した冒険者たち。

しかし、蛮族たちが拠点とする廃墟にはもっと強力な魔物が待ち受けていることでしょう。

蛮族恐怖症のイルセリエ、大丈夫かな。

(続く…)

広告