与太話だったりTCGやTRPGの話。

与太話じゃないFGOの話のブログの人の与太話だったりFGOじゃない話をする用のサブブログ。アイコンは神有月リンドウさんからのにょろわーファンアート

【スタンダードPauper】ノワール【黒単コントロール】

 

ほい。リプ来た色でスタンダードパウパーでデッキを組む企画。

第四弾のお題は…?

 

 

なるほど黒単好きな後輩らしい。

よし。いっちょ黒単を組んでみるか!

 

 
黒いデッキ。
クリーチャーを殺す除去呪文。
プレイヤーの選択肢を奪う、手札破壊。
 
そういった「残忍さ」とでもいうべき荒さが黒のイメージだ。
しかしそれを洗練させたとき、一種の高貴さが漂う。
 
フランス語で黒を意味するノワールという名前を与えられた黒いデッキが存在する。
攻撃して対戦相手のライフを減らすビートダウン。
相手の行動を妨害するコントロール
両方の性質を併せ持ったデッキがノワールだ。
 
そのノワールでビートダウンの主力になったレアカード。
それが《ナントゥーコの影》というクリーチャーだ。
f:id:omamesensei:20181116103853j:plain
 
この凶悪なシェイドは黒マナからパワーを得て大きなサイズになる。
除去と手札破壊で弱った相手が体勢を整え直す前にライフを一気に削る。
そういう役割を持っていた。
 
もちろんこんなレアカードはスタンダードPauperにはない。
だが代わりに使えるシェイドがいる。
 
《隠された影》だ!

f:id:omamesensei:20181116103948p:plain

 
ああ、わかるよ。ナントゥーコの影に比べてあまりにも弱い。
だがこれは最新弾のコモンでレアカードじゃない。
つまり、スタンダードPauperで使える!
 
さあノワールを現代によみがえらせよう!
 
まずは除去呪文だ。極めて強力な除去として《菌類感染》がある。

f:id:omamesensei:20181116104035p:plain

 
苗木が相手のクリーチャーの生命力を奪い繁殖する。
シンプルなカードだが使い方は奥深い。
 
《癒し手の鷹》にオーラで強化を施すのは白いオーラデッキの基本の動きだ。
 
相手がオーラを唱えたのに対応して《菌類感染》を鷹に撃つ。
するとどうなる?
鷹は死ぬ。つける先を失ったオーラが墓地へ送られる。自分は苗木を得る。
1枚のカードから3つの有利な結果が生じた。
 
あるいは相手が1/1のゴブリンを2体並べて攻撃してきた。
ブロックする前に《菌類感染》で1体を殺し、出てきたトークンでブロックすれば2体とも倒せる。
 
タフネスが1の相手には有利だ。そう言った除去は相手のタフネスが上がると効きづらくなる。
だが相手の3/2の攻撃に《菌類感染》を使えばタフネスをマイナス1してからブロックして3/2を倒せる。
 
非常に対応力が高いカードだ。
 
もちろん1枚で使うのでなく他のカードと合わせて使うと強い。
相手の2/2と自分の2/2が相打ち?
《菌類感染》は相手だけを葬り、苗木をくれる。
 
この苗木をさらに有効に活用する。

f:id:omamesensei:20181116104111p:plain

《切断された糸》は苗木を生贄にすることで《菌類感染》だけでは対処できない4/4なども葬れる。

f:id:omamesensei:20181116104126p:plain

《不純な捧げ物》は同じく5/5までの大型を除去できるし。苗木なしでも3/2などを除去できる。

f:id:omamesensei:20181116104146p:plain

《悪運つきた造反者》はこれらのカードに生贄を与える。
使った後に本命の2/2が出て造反者より強いので積極的に生贄にしていいだろう。

f:id:omamesensei:20181116104207p:plain

《死花のサリッド》も同じく死んだ後に苗木が残るので2回生贄にできるし、そのまま戦えるステータスなので使い時を選ばない。
 

f:id:omamesensei:20181116104239p:plain

《泥棒ネズミ》を手札から唱えると、手札を1枚使い相手の手札を1枚奪う1対1の交換の後に盤面にネズミが残る。
このネズミも生贄に使える。
 

f:id:omamesensei:20181116104328p:plainf:id:omamesensei:20181116104340p:plain

《復活》《魂回収》はシンプルなカードだがそれらの「2度おいしい」生贄になるカードを墓地から回収できる。
 
相手の打消しに対して生贄呪文は不利だ。打消しは捨てさせておきたい。

f:id:omamesensei:20181116104402p:plain

《精神腐敗》は何度も再録された良カードだ。1枚と2枚を交換する手札交換。
相手のカウンターを引き出すのにもってこいだ。
 
手札破壊と除去で相手のリソースを奪いながら、更地の盤面にシェイドを走らせてライフを詰める!
伝統ある黒いデッキのやり方で相手を追いつめよう!
 

ラヴニカの献身によるアップデート

このデッキが得たもの

 

《焼印刃》
クリーチャーに接死を与えるキャントリップ
*キャントリップ…メインの効果のおまけに1ドローがつく呪文

1/1のトークンを生贄に除去ができる《切断された糸》との交換候補だ。
飛行クリーチャーを除去できる点で《切断された糸》の方が強いが
こちらは地上を除去する場合は手札の消費がなく純粋にトークンと地上クリーチャーの交換になる。

 

《地底街の抱擁》
一見このデッキの新戦力だ。
呪禁クリーチャー、特に《冷水カミツキガメ》に対して強い…と言いたいが
その用法なら《焼印刃》でも割と達成できる。
《急流の魂》に頼り切った青系デッキへの回答にはなるだろう。

 

《奇怪な死》
追放除去。似たタイプのデッキが使う死亡誘発への対策になりそうだが…
同型だと除去に対応して生贄にされたりなど裏目に出ることが少なくないだろう。
環境次第…。

 
ノワール】デッキレシピ

 

 土地 24枚

 
24 《沼》
 
クリーチャー 16枚
 
4 《隠された影》
4 《泥棒ネズミ》
4 《悪運つきた造反者》
4 《死花のサリッド》
 
その他呪文 20枚
 
4 《菌類感染》
4 《不純な捧げ物》
2 《切断された糸》
2 《地底街の抱擁》
4 《復活》
2 《魂回収》
2 《精神腐敗》