バーチャルVtuver豆猫さんの与太話

バーチャルVtuver(存在しないVtuberを装う遊びをする人) ※当ブログはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC. ウィザーズ・オブ・ザ・コーストのファンコンテンツ・ポリシー|WIZARDS OF THE COAST GAMES 連絡用Gmail:beencatsun@gmail.com

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート【策略マニアック】vs【クロマティック・ブラック】

やあ、来月には禁止されることが決まった特殊パックの数々を使った胡乱鯖名物の超次元マジック・リーグ。

今回もぶっ飛んだ環境のレポートだ。

 

「対策カードを引けたのでマニアックに勝てる」と豪語するのは《ダウスィーの虚空歩き》などを中心に黒いデッキを握ってみたり、多色化してパワーカードを積んできたプレイヤー。

 

果たしてどんな方法で【策略マニアック】を攻略しようというのか?

ぜひ見させてもらおうじゃないか。

 

まず先手を取って動いてきたのはチャレンジャー。

沼から1マナ出して《太陽の指輪》。

即座に指輪からマナを出して《彩色の星》。

色マナ基盤を整えるクロマティックカードだ。

f:id:omamesensei:20211022160455j:plain

 

こちらは島を置いて様子見。

 

すると対戦相手はクロマティック・スターを起動して緑のマナを産む。

飛んできたのはまさかまさかの《花の絨毯》

f:id:omamesensei:20211022160706j:plain

 

「これが対策カードですよ!」

 

うわぁ…まいったな。

これは確かに基本土地が島だけのこちらにはぶっ刺さる。

 

さらにマナ・アーティファクトを出してマナを伸ばしていく対戦相手。

 

こちらはブレストで手札を整えて2ターン目。

 

しぶしぶ島を置いて土地を伸ばす。

 

返しに出てきた《ダウスィーの虚空歩き》はマストカウンターなのでカウンターとバウンスで2ターンかけて処理する。

 

どうやら一部のメタカードを多色化しているがデッキ自体は黒の強力なダブルシンボルでまとまっているらしい。

f:id:omamesensei:20211022163008j:plain

 

ハンデス呪文、《精神ねじ切り》も搭載されているが…

「ピッチで《誤った指図》捨てるのはそっちで」

f:id:omamesensei:20211022163330j:plain

 

「それも読んでました。これはアーティファクト を捨てるなら1枚で済むのでマナ・アーティファクト1枚だけを捨てます」

 

序盤の攻防を抜けた相手は絨毯から莫大なマナが出るようになりフィニッシャーを展開。

f:id:omamesensei:20211022163836p:plain

 

《終局の始まり》…!!

打ち消されない呪文だ!

 

巨大な軍団トークンが登場し、ブロッカーのいないこちらを攻めたてる。

 

ライフも大幅に削れて、次のターンには倒されてしまう。

残りデッキ枚数は3枚「も」ある。

こちらのマナはたった4マナ。

 3マナで偏執狂を出しても残る1マナでブレストを撃つだけではデッキの上を引ききれない。

 

対戦相手の勝ちは決まったも同然。

 

…だが、対策を練っていたのはこちらも同じ。

 

「あと1枚引けない…という速度で攻めてくる対戦相手」への対策はもうデッキに入っている。

0マナでカードを引けるカードがあれば良いのだ。

まずは偏執狂を着地させる。

 

「島を生贄に捧げて…」

f:id:omamesensei:20211022164959p:plain

 

「《秋の際》をサイクリングして残りデッキ枚数2枚。島から青マナ1点。ブレストで3枚引いて…カードが引けないので、私の勝ちです」

f:id:omamesensei:20211022165330p:plain

 

というわけで残念ながら【クロマティック・ブラック】は惜しいところまで詰めたものの一手及ばず。

 

 

 

オマケ

「途中でピッチのコストで手札から研究室の偏執狂を追放してたんだけど…」

 

時のらせんリマスターとミステリーブースターを剥きまくったんだけど、

実は両方に《研究室の偏執狂》は入ってるんだよね。

だからこのデッキは《研究室の偏執狂》が2枚積みになってる。

 

 

…マニアックデッキの明日はどっちだ!?

 

広告

【#MTG 】身内マジック・リーグ禁止制限告知(11月〜)

2021年10月19日 禁止制限告知

 

告知日:2021年10月19日

胡乱鯖マジック・リーグ

 『本流のセットでないパック』 禁止

発効日:2021年11月1日


2021年9月29日から始まった身内イベント『胡乱鯖マジック・リーグ』。

すでに二度の緊急禁止を告知している『胡乱鯖マジック・リーグ』では今回、新たな制限を設けます。

まず最初に変更点について簡単に書きます。

来月からは本流のセット以外のパックの使用が認められなくなります。

これは具体的には統率者レジェンズ、モダンホライゾン2、コンスピラシー 、ミステリーブースターなどのスタンダードのために作られたわけではないサプリメントセットが使用禁止になるということを意味しています。

f:id:omamesensei:20211019091851j:plain


誤解を避けるために言うと、これらのサプリメント商品が規制されるのはそれらが環境を染め上げているからではありません。


また、それらがゲームバランスを崩壊させたからでもありません。


一部のサプリメントセットを使用した試合は確かに通常のマジックの試合とは異なる挙動を見せます。

しかし、それらを通常のマジックのサプリメントセットを用いて倒すことは今のところ不可能ではありません。


サプリメントセットはメタゲームを回す大事な歯車の一つとして機能しています。


問題があるのはスタンダード使用可能なパックとサプリメントセットとの試合において大幅なパワーレベルの差が存在する点です。


胡乱鯖マジック・リーグでは、「初心者も簡単に始められる」という点を勧誘の起点にして、多くのMTG新規プレイヤーを獲得することに成功しました。

一方で、スタンダードパックから始めることの多い新規層と、スタンダードパックに飽きて新鮮さを求めてサプリメントセットを買ってくるプレイヤー層との間に大きな隔たりを生んでいる状況は看過できません。


ただし、我々はこの改訂をすぐに適用し、スタンダードに飽きたプレイヤーの娯楽や安くないパック代を無かったことにするのも違うと考えました。


そのため、自然にパックがローテーションする今月いっぱいまではこれまでの通りの無法な環境を回し、来月からベテランプレイヤーにも大人しくスタンダードに近いプレイ環境に触れてもらうことにしました。


補足すると、使用可能なパックはスタンダードに存在するセットのみではありません。

ベテランプレイヤーの郷愁や、新規層とのカードプールの違い、カオスドラフト的なパック混合の魅力を胡乱鯖マジック・リーグに残すため、

アモンケットやイクサラン、マジックオリジン、基本セット2020など…

昔スタンダードで使用可能だったセットの購入を認めます。


来月以降の胡乱鯖マジック・リーグの環境の健全化と今月いっぱいの無法な超次元マジックのどちらも多くのプレイヤーが楽しめることを祈っています。




また、ローテーションに際して胡乱鯖独自フォーマット「バーリトゥードゥ(仮)」の制定を考えています。

こちらはスタンダードに対するモダンのようなもので、胡乱鯖マジック・リーグからマジックに触れたプレイヤーがカード資産を活用できる場としてのカジュアル・フォーマットになる予定です。

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート 超次元マジック世紀末環境【プレイテスト】vs【策略】

今回は胡乱鯖マジック・リーグの環境最先端の試合をレポートするよ!

 

パックを剥いてデッキを組むリミテッド戦とは思えない超次元マジックの世界の戦いを楽しんでいってほしい。

 

超次元マジックの初動は早い

 

「「ゲーム開始前!!」」

 

2人のプレイヤーの声が重なる。

 

超次元マジックの初動はゲーム開始前から始まるのだ。

 

「プレイテストカード、伝説の土地《Rift》! この土地は必ず初手に握ることができる!」

f:id:omamesensei:20211018111246j:plain

 

「策略カード《好都合な宣言》! デッキ枚数を削減! 25枚デッキでゲームを始めることができる!」

f:id:omamesensei:20211018111516j:plain

 

「更に秘策カード3枚を伏せてゲーム開始!」

f:id:omamesensei:20211018111706j:plain

 

 

先に仕掛けたのは《Rift》側のプレイヤー。

《太陽の指輪》からマナ・アーティファクト・クリーチャーを展開し序盤から莫大なマナを準備する。

f:id:omamesensei:20211018111944j:plain

 

f:id:omamesensei:20211018113752j:plain

 

 

《好都合な戦略》側のプレイヤーは島を置くだけの静かな立ち上がり。

 

莫大なマナを使い序盤から《残虐の執政官》を召喚しようとする《Rift》プレイヤー。

f:id:omamesensei:20211018112235p:plain

 

これを2マナカウンターの《差し戻し》でいなす。

f:id:omamesensei:20211018112327p:plain

 

しかし返しのターンに当然のようにまた出てくる残虐の執政官。

 

これを《論理の結び目》でカウンター。

f:id:omamesensei:20211018112549j:plain

 

返しのターンに秘策を公開。

f:id:omamesensei:20211018112637j:plain

 

《熟慮》を指定した《反復分析》が2枚。

f:id:omamesensei:20211018112747j:plain

 

2マナでカード3枚をドローして手札を一気に増やす。

 

《Rift》プレイヤーは《死の権威、リリアナ》を出す。

f:id:omamesensei:20211018113238j:plain

小マイナス能力で墓地から《残虐の執政官》をゾンビとして蘇らせる。

これにより執政官がハンデス・ドロー・ドレインと莫大なアドバンテージ差を生み出す。

 

 

《好都合な宣言》側のプレイヤーは《残虐の執政官》による手札破壊で、《臭い草のインプ》を捨てる。

f:id:omamesensei:20211018113220p:plain

 

ドローを置換して山札5枚を切削して墓地に置き、インプを墓地から手札に回収。

 

《残虐の執政官》を《応じ返し》でバウンスして延命を測る。

f:id:omamesensei:20211018114050p:plain

 

しかし、バウンスしても結局出し直された《残虐の執政官》に対する打ち消しを引き込めずに再びハンデスを仕掛けられる。

 

再びインプを捨て、ドローを発掘で置換。

 

山札が一瞬だけ空になるも墓地に落ちた《活力》が山札に戻り、残りライブラリーは1枚。

f:id:omamesensei:20211018114355j:plain

 

ここで策略側がゲームエンドに向けて仕掛ける。

 

ここまで来れば読者にも策略側の勝ち筋が読めてくるだろう。

ご存知、《研究室の偏執狂》だ。

f:id:omamesensei:20211018114618j:plain

 

後はドロースペルを唱えて残り1枚のデッキを引き切れば特殊勝利が確定する。

 

それに対応して《Rift》側のプレイヤーは更なるテストプレイカードを使用!

f:id:omamesensei:20211018114957j:plain

 

対象の場のカード1枚を「追放し、手札に戻し、それを捨てて、山札の一番上に置き、その後、戦場に出す」という破茶滅茶な領域移動カードだ。

 

これを執政官を対象に取って唱える。

執政官が色々な領域を巡って場に帰ってくれば、「戦場に出た時」の能力が誘発。

生贄要求能力で偏執狂を除去すれば、ライブラリアウト勝利が反転しライブラリアウト負けとなる。

 

…が!

 

ここで更に偏執狂側が対応!

f:id:omamesensei:20211018115508j:plain

 

《誤った指図》で、《The Grand Tour》の対象を執政官から横にいるマナ・クリーチャーへと変更。

 

マナ・クリーチャーが無駄に領域移動を繰り返して召喚酔いを起こしたところでドローが解決されゲームセット!

 

「カードがドローできないので、私の勝ちです」

 

わずか数ターンの攻防であった。

勝者は【策略偏執狂】!

 

…ブログの熱心な読者諸兄はまあ察しているだろうが。

 

うん、この策略側プレイヤーはもちろん私だ。

すまない。また私なんだ。

 

青単偏執狂から少し弄ってスゥルタイカラー(青緑黒)にした、このデッキが多分さいきょう!

 

でもマジック・リーグの奥は深い。

きっとこのデッキよりもヤバいデッキが生まれるに違いない。

 

いつか誰かが私を打ち負かすだろう。

 

f:id:omamesensei:20211018120208j:plain

 

広告

 

 

 

omamesensei2.hatenadiary.jp

 

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート 【赤白黒ダンジョン】vs【スリヴァー】

やあ!

バーチャルVtuverの豆猫さんだよ!

今回の胡乱鯖マジック・リーグで紹介するのはD&Dコラボパックを中心としたデッキと、

f:id:omamesensei:20211017192428p:plain

 

昔懐かしのスリヴァー・デッキとの対戦だ。

f:id:omamesensei:20211017192646j:plain

 

スリヴァーはデュエル・マスターズの漫画が、かつてMTGの対戦を扱っていた頃に切札勝舞が愛用していたクリーチャー・タイプだ。

 

ほぼ全てのスリヴァーは「スリヴァー」全体に効果や強化を付与するため、横並びするほどに強化されていくクリーチャー部族デッキ!

 

スリヴァー側はまず宝革スリヴァーからスタートを切る。

f:id:omamesensei:20211017193123p:plain

 

すべてのスリヴァーにマナ能力を付与するスリヴァーだ。

 

対して、D&D側は蛇人間ユアンティの冒険者を繰り出していく。

f:id:omamesensei:20211017193327p:plain

 

スリヴァー側は速攻を付与するスリヴァーを並べるも、パワーラインが冒険者に劣っているので攻め込むことができない。

 

ダメ押しのゴールドドラゴンの登場でスリヴァー側は一気に形勢不利となる。

f:id:omamesensei:20211017193656p:plain

 

ここでスリヴァー側は誘導スリヴァーの能力を使用。

f:id:omamesensei:20211017193830p:plain

 

スリヴァー・サイクリングでデッキから任意のスリヴァーをサーチできる。

 

探してきて公開したのは…

f:id:omamesensei:20211017194219p:plain

 

《巣想者スリヴ=ミゼット》(私訳)‼︎

 

ミステリーブースターのプレイテストカードで、《火想者ニヴ=ミゼット》の能力をスリヴァーに付与するスリヴァーだ。

f:id:omamesensei:20211017194515j:plain

 

返しのターンにスリヴァーたちのマナ能力を使い召喚し、さらにオーラ 呪文《鋭い感覚》を付けられる。

f:id:omamesensei:20211017194742p:plain

 

速攻を他のスリヴァーから共有されているためそのままアタック!

4点のダメージを与えると鋭い感覚の誘発型能力によって1枚ドロー。

 

ドローしたのでスリヴ=ミゼットの共有する誘発型能力で、全てのスリヴァーがプレイヤーに1点ダメージを与える。

 

スリヴ=ミゼット自身もこの能力で1ダメージを与えたので、鋭い感覚が再び誘発して1ドロー…

 

こ、これは…!?

ループコンボってコト!?

 

まさかの無限コンボでスリヴァー軍団の逆転勝利…!

 

まさかリミテッドで無限コンボが拝めるとは驚いたね…!

マジックリーグの可能性は無限大だ!

 

次はどんなデッキが現れるのか?

胡乱鯖マジックリーグの今後にも期待していて欲しい!

 

 

 

広告

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート【環境の解答】vs【1カードKill】

やあ、バーチャルVtuverの豆猫さんだよ。

 

今回は胡乱鯖マジック・リーグ環境の「解答」だと私が思った最強のデッキとその対戦を紹介するよ。

 

私が最強だと思うデッキは〜

この2枚のコンボデッキ!

f:id:omamesensei:20211016151615j:plainf:id:omamesensei:20211016151622j:plain

 

マジック・リーグのデッキの最小サイズは30枚。

これを5減少すると、25枚のデッキが組める。

 

ゲーム開始時に初期手札が7枚で、

残りデッキ18枚。

 

これをドローし切れば勝利というシンプルだが対策しづらいデッキだ。

 

デッキのスロットの大半は引きつすくためのドロー呪文が占めている。

 

ただ、土地から出るマナは基本的にドローに使うので対戦相手の妨害に回すマナはあまりない。

 

そこで、このデッキでは2種類の妨害を採用している。

 

ひとつ目は「ドローのついた打ち消し」

f:id:omamesensei:20211016152102p:plainf:id:omamesensei:20211016152252j:plain

 

そして、ふたつ目が「ピッチスペル(マナのいらない呪文)だ。

f:id:omamesensei:20211016152415p:plainf:id:omamesensei:20211016152504j:plain

 

さあ、実戦で最強のデッキを試してみよう!

 

対戦相手はひたすら島を開くだけで動いてこない。

 

こちらはドローを進めてデッキを削り、ついにしかける…!

 

残りデッキが2枚になったところで、

いよいよ特殊勝利カードを場に出して、《渦まく知識》で3枚ドロー…!

 

ここで今まで構えたまま何もしなかった相手が動く。

 

「それに対応して、《消えゆく希望》」

 

f:id:omamesensei:20211016152835p:plain

 

「なら、ピッチで《誤った指図》…ん…?」

 

対戦相手は何もクリーチャーを出していないので、指図で曲げる先がない…ッ!!

 

場から偏執狂が離れた状態でカードのない山札からドローしたため、ライブラリアウトで敗北。

 

1カードキル…。

 

どうやら、この環境は私が思うよりもまだまだずっと奥深いようだね。

 

新規参入者も増えて賑わい続ける胡乱鯖マジックリーグ。

これからもレポートするので、お楽しみに…!

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート 【チェイナー・リアニメイト】vs【最強ブレスト・コントロール】

やあ!

バーチャルVtuverの豆猫さんだよ。

今回のプレイレポートのマッチングは…

f:id:omamesensei:20211015163618j:plain

モダンホライゾン 2を中心にデッキを構築したプレイヤーと、

f:id:omamesensei:20211015163843j:plainf:id:omamesensei:20211015163859j:plain

ミステリーブースター1+コンスピラシー3パックで構築したデッキの対決となっている。

 

異次元のマジック対戦をご覧いただこう。

 

先にヤバい動きを仕掛けたのはミステリー&コンスピラシー。

 

同じ秘策を一気に2枚公開する。

f:id:omamesensei:20211015164436j:plainf:id:omamesensei:20211015164447j:plain

 

指定は2枚とも《渦まく知識》

f:id:omamesensei:20211015164526j:plain

 

コンスピラシーのコモンカードは通常パックのコモンよりも出やすく設定されているとは言え、流石にブレスト2枚積みは驚きである。

 

反復分析2枚によって強化されたブレストの効果は「カードを5枚引き2枚戻す」

 

は?

f:id:omamesensei:20211015164856j:plain

 

アンリコ(祖先の回想)より強いドローソースなんてリミテッドに存在していいわけないだろ!!!

 

異常な安定性を見せて毎ターン、島を伸ばして圧をかけていくコントロール。こわ〜。

 

序盤の攻防を終えた6ターン目。

ミステリー&コンスピラシー側が動く。

EDH(統率者戦)構築済みデッキの看板カードである統率者テフェリーを設置。

f:id:omamesensei:20211015165803j:plain

 

📞どうして構築済みの看板カードがパックから出てるんですか?

 

恐るべきはミステリーブースター。

なんでもアリなお祭りパックである。

テフェリー側は少し考えて+1能力から入る。

 

モダンホライゾン2側はコントロールのマナが寝ているここで仕掛けるしかない。

 

呼び出したのは《悪夢の達人、チェイナー》。

f:id:omamesensei:20211015170225p:plain

 

手札を1枚捨ててチェイナーの1つ目の能力を起動。

そこから2マナで墓地から《不吉な儀式の僧侶》

f:id:omamesensei:20211015172211p:plain

 

本来、僧侶は場に出たターンは墓地から仲間を復活させるリアニメイト能力の起動はできない。

召喚酔いしているクリーチャーはタップ能力を使えないからだ。

 

だが、チェイナーの2つ目の能力によって速攻が付与されているため、召喚酔いを無視して即座に墓地から復活させる能力を起動。

 

出てくるのは序盤の攻防で手札コストとして捨てられていた《残虐の執政官》!!

f:id:omamesensei:20211015172546p:plain

 

「確か3点ドレインとハンデスとクリーチャーを生贄に捧げるんだよね。こっちはノンクリーチャーだからハンデスとライフ3点喪失だけでいいかな?」

 

「違いますよ。残虐の執政官が生贄にするのはクリーチャーかプレインズウォーカーなんで、テフェリーを生贄要求します」

 

これは大きな痛手!!

 

この時、手札にはピッチスペル(マナを支払わずにフルタップから撃てる妨害)を抱えて油断したのが仇となった。

f:id:omamesensei:20211015173045j:plain

 

《誤った指図》はリアニメイト呪文で呼び出すクリーチャーを変更させることができるので適当にインプなどの小型クリーチャーへ蘇生先を変更すれば凌げた。

 

しかし、チェイナーも僧侶も「リアニメイト呪文」でなく「クリーチャーのリアニメイト能力」なので《誤った指図》では蘇生先を変更する妨害を行えない…!

 

テフェリーを生贄に捧げた時点でミステリー&コンスピラシーのプレイヤーが投了。

ゲームセットとなった。

 

特殊セットのカードの採用が増えて混沌としてきた胡乱鯖マジック・リーグの明日はどっちだ!?

 

広告

【#MTG 】身内マジック・リーグ プレイレポート【UGカスケード】vs【Think 4 times】

書きたい名試合が多すぎてつい更新速度が早まるね。

今回、プレイレポートに書くマッチングは統率者レジェンズ中心に組まれた続唱デッキと、

f:id:omamesensei:20211015134955j:plain

時のらせん+コンスピラシーの混合デッキだ。

f:id:omamesensei:20211015135100j:plain

f:id:omamesensei:20211015135048j:plain

 

それでは対戦風景を覗いてみよう!

 

ゲーム開始から間もなくコンスピラシー側が動く、秘策カードの公開だ。

f:id:omamesensei:20211015135258j:plain

 

指定カードは《熟慮/Think twice》

f:id:omamesensei:20211015135421j:plain

 

2ターン目に熟慮を唱え、カードを2枚引く。

さらに3ターン目にはフラッシュバックで墓地から唱えてまた2枚引く。

英語名の《Think twice》は二度考えるという意味だが、4回は考えている。

考えまくりの引きまくり。

なんと30枚デッキに4枚も《Think twice》を積んでいるとのこと。

コモンなのでパックから出やすいためこんなことに…

 

統率者レジェンズ側はマナを伸ばしてビッグアクションの準備をしていく。

 

先に仕掛けたのは時のらせん+コンスピラシー。

流石にカードを8枚も引けばコンボが揃う。

《憤怒の天使、アクローマ》と《一瞬の瞬き》のコンボで、青白デッキがコストを踏み倒して真っ赤なアクローマを場に出す。

f:id:omamesensei:20211015135916p:plain

 

プロテクション(青)を持つためレジェンズ側の青い飛行クリーチャーを無視して攻撃できる。

 

レジェンズ側は切札であるイモーティを出して続唱でクリーチャーを横展開していく。

f:id:omamesensei:20211015141006p:plain

 

緑の到達クリーチャーを出してアクローマの攻撃をかろうじてブロックするものの、アクローマのトランプルでダメージが貫通していく。

 

このままアクローマに押し切られるかと思いきや…

隕石ゴーレムが飛来!

f:id:omamesensei:20211015141209p:plain

 

プロテクション(青)と(白)という除去耐性も無色の除去は弾くことができずアクローマが陥落。

 

さらに隕石ゴーレムにイモーティが続唱を与えているので、そこからクリーチャーを横展開していく。

f:id:omamesensei:20211015141421p:plain

f:id:omamesensei:20211015143839p:plain

 

切札となるアクローマを落とされたことで戦線は崩壊し、

雪崩れ込む続唱クリーチャーの群れが轢き殺してゲームはレジェンズ側の勝利!

 

互いにカジュアルフォーマット向けの特殊パックを使用しての異種格闘戦となったが、やはりフォーマットの知名度が高い統率者の方が有利なようだ(?)

 

まだまだ語りたい戦いはたくさんある!

次の記事ですぐまた会おう!

 

広告