バーチャルVtuver豆猫さんの与太話

バーチャルVtuver(存在しないVtuberを装う遊びをする人) ※当ブログはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC. ウィザーズ・オブ・ザ・コーストのファンコンテンツ・ポリシー|WIZARDS OF THE COAST GAMES 連絡用Gmail:beencatsun@gmail.com

基本根本サンプルず!~すごく普通な冒険者たち~ 第1話 キャラクターメイキング

f:id:omamesensei:20211129204011j:plain

引用:ソード・ワールド2.5 種族紹介 | 富士見書房公式 TRPG ONLINE

 

 

 

 

前回↓

omamesensei2.hatenadiary.jp

 

 

1人目の冒険者《人間の戦士》

 

GM:それじゃあ、まずは貴方の演じるキャラクターを作っていこっか!

 

プレイヤーA:ちょっと待って。今回は「見本のサンプルキャラクター」を演じるから準備はいらないって聞いていたんだけど…

 

GM:そうだね。君にはサンプルキャラクターである「人間の戦士」として遊んでもらうことが決まっている。でもね、遊ぶ日を迎える前に準備してもらうことがすこぉしだけあるんだ。

 

プレイヤーA:いったい、何をしたらいいのかな?

 

GM難しいことじゃないよ。何度かサイコロを振ってもらうだけだから。

 

そう言って、私は巾着袋きんちゃくぶくろを取り出す。

何年か前にテーマパークで買ったお気に入りの赤い袋でライオンの紋章が描かれている。ファンタジーって感じのアイテムなのでTRPGをする時の雰囲気づくりをしたい時には必ずこの袋を持ってくることにしているんだ。

巾着袋をしぼっているヒモを解いて、口を緩めて中身に手を突っ込む。

取り出したるはサイコロ2つ。

四角くて白くて、赤い1の目と黒い2~6の目がある一般的な普通のサイコロだ。

人間の戦士をこれから演じてもらう彼にサイコロ2つを手渡して握ってもらう。

 

GM君はこれからソードワールド2.5の舞台である異世界ラクシアに住む人間を演じてもらう。でも、人間と言ってもひとりひとり個性があるよね。

まずは君がどんな人間を演じるのかサイコロの目とルールブックに載っている表を使って決めていくんだ。

 

プレイヤーA:とりあえずこのサイコロを振ればいいんだね。

 

ころころと机の上を転がる2つのサイコロが止まり、6と4の目が出る。

 

GM冒険に出た理由がこれで決まる。ええっと理由表の6-4は…

 

【 6-4 人々を守るため 】

 

GM君は人々を守るために戦士になったわけだ。

 

プレイヤーA:なるほど。出た目によって理由が変わるわけね。

 

GMこんな感じであと何度かサイコロを振って君が演じる人間のキャラクターを深堀していってもらうよ。

 

【 3-5-6 絶対に知られたくない秘密がある 】

【 4-5-2 魔物を倒したことがある 】

【 2-1-6 憧れる冒険者がいる 】

 

GM最初の以外は分かりやすい経歴になったね。

 

プレイヤーA:オレは誰か強い冒険者に憧れて、人々を守るために戦士になり、そして既に魔物を倒した経験もある。…知られたくない秘密ってのはなんだか分からないけど。

 

GM思いつかなかったら無理に採用しなくてもいいよ。あくまで役の設定を固めるきっかけにするだけのものだから。

 

プレイヤーA:うーん。でもせっかく振ったしなあ。

 

最初に振った経歴表は運命を感じてどうしても使いたくなる。

私にも経験あるなあ。そう懐かしんでいると彼は「いいこと思いついた」と自慢げにいってきた。

 

プレイヤーA:オレは実は女戦士なんだ。でも、それを隠して男としてふるまってる。どう?

 

いいね、最高のアイデアだ!

 

GMそうしたら名前を付けてあげればその子の設定は概ね出来上がり。名前もサイコロで決めるための表がここにあるけどどうする? 自分で考えてもいいけど。

 

プレイヤーA:振るしかないでしょ。

 

【女ならケイティ】

【名字はサックウェル】

 

プレイヤーA:本名はケイティ・サックウェルで偽名として男性名にも取れるケイを名乗っていることにするよ。

f:id:omamesensei:20211129014131j:plain

引用:ソード・ワールド2.5 種族紹介 | 富士見書房公式 TRPG ONLINE

ケイティ・サックウェル(ケイ)

 

人間の戦士。

15歳(ラクシア世界では人間の成人年齢は15歳

強い冒険者に憧れて、人々を守るために戦士になった。

既に魔物を倒した経験もある一人前の戦士だが、実は女性であることを隠している。

 

 

2人目の冒険者《エルフの神官剣士》

 

~別の日~

 

 

GM: それじゃあ今日はTRPGを遊ぶためのキャラクター作成をしてもらいます。


プレイヤーB: 予習はバッチリ! 化け物を見て悲鳴を上げながらSANチェックするゲームだよね。悲鳴の練習もバッチリ。


GM: …違います。


プレイヤーB: 違うの!?


GM: Bさんの言っている内容はゲームのことをピコピコって呼んでる人たちがいる、みたいなものですね。


プレイヤーB: 誰がオバサンだって? まだ私20代なんだけど。


GM: オバサンとまでは言ってないですって…。

ええと、これは私がよくその勘違いをしている人に言う内容なんですけど「TRPG」っていうのはゲームのジャンルの名前であって、同じRPGでもポケモンドラクエって違うゲームじゃないですか。


プレイヤーB: あっ。オッケー、オッケー。理解した。つまり私が予習したTRPGとはソフトが違うってことね?


GM: はい! その理解であってます。

言ってみればBさんはバイオハザードの予習をしてくださったわけですけど、今日はファイナルファンタジーを遊びます…的な話です。


プレイヤーB: じゃあ用意してきた10面サイコロも振らない?


GM: 振らないです。ゲームの例えで言うとサイコロの違いはPS5とSwitchみたいな違いなので。今回のゲームハードは普通の6面サイコロです。


プレイヤーB: 空回りしてしまったぜ。悲鳴の練習も無駄ってわけだ。

ちょっともったいないから一回悲鳴の演技やらせて。


「キャーッ!」(迫真の演技)


GM: 予定が合えば今度、10面サイコロでCoCホラーゲーム遊びましょう。


プレイヤーB: で、今日はどんなキャラクターを演じればいいわけ?


GM: Bさんにやってもらうのはエルフの神官の女性です。


プレイヤーB: 悲鳴をあげる探索者じゃなくて、邪教の信徒の方だったか〜。


GM: 違いますよ!

始祖神ライフォスは良い神様です!

さて、それでは冒険に出た理由などを決めていきます。



冒険に出た理由

【 5-4 失われた家門を取り戻すため 】

【 4-5-5 過去に仕えた主がいた 】

【 2-1-2 命を救われた経験がある 】

【 1-2-5 かつては貴族だった 】


GM: 命を救われた、ですか。

もしよかったらこの設定こちらで決めさせてもらっていいですか?


プレイヤーB: 何かアイデアがあるわけ?


GM: 先に作ってもらったAさんが【魔物を倒したことがある】という経歴だったので、魔物に襲われてるあなたをAさんのキャラクターが救った…という形にすれば2人のキャラクターに関係性が生えてくるので都合がいいかなぁ〜と思ったので。


プレイヤーB: じゃあ、そんな感じで。

あっ、そう言えばこのキャラクターって神官剣士って書いてあるけど、回復魔法だけじゃなくて剣でも戦える感じ?


GM: そうですね。積極的に攻めるほど強くはないですけど、最低限の剣技は習得してるっていう感じですね。


プレイヤーB: ってことはアレだ。女騎士だ。

ゴブリンに襲われて「くっ、殺せ!(迫真の演技)」ってやってたら、Aくんのキャラに助けてもらう流れな。おけまる、完全に理解した。


GM: (笑)

 

f:id:omamesensei:20211129070435j:plain

イルセリエ・キーフィリス

 

エルフの神官剣士

15歳(エルフの成人年齢は15歳)

生まれは貴族だが、政治的な謀略に巻き込まれて没落。

お家騒動後は始祖神ライフォスの神殿に身を寄せる。

魔物に襲われていたところをケイティに救われる。

 

引用:ソード・ワールド2.5 種族紹介 | 富士見書房公式 TRPG ONLINE

 

 

3人目の冒険者ドワーフの神官戦士》

 

GM: さて、あなたはこれからドワーフになるわけですが…まず性別から決めましょうか。


プレイヤーC: なぜ性別から…


GM:ソードワールド2.5のドワーフは男女で見た目が大きく違うんです。男は一般的なヒゲモジャでパワフルな感じなんですが…


プレイヤーC:女ドワーフだとどうなるんだ?


GM: ドワーフは幼少期のまま成長が止まります。外見が少女のまま100歳のおばあさんだったりします。


プレイヤーC: あぁ…じゃあオッサンで。


GM: おや? Cさんは女の子選ぶと思ってたんですけど。


プレイヤーC:好みなのはたしかにそっちなんだけど、自分で演じるのはちょっと…って感じだから、演じるならオッサンがいい。で、女ドワーフの嫁がいる。


GM: あぁ、確かに。その方が良さそうですね。では、あなたは男ドワーフの神官戦士です。

重たい金属鎧に身を包んで盾を構えた神官です。一応、回復呪文を使うこともできますがそれよりも味方を庇って自分が攻撃を引き受ける壁役タンクになります。


プレイヤーC: あいよ。このゲームの神様って何タイプかあるんだよな。こいつはどんな神様を信仰してる感じ?


GM:盾神イーヴです。邪悪な魔神と戦い、弱き人々を守る壁となる宗派ですね。


プレイヤーC: 信仰と戦闘でやる仕事が結びついてる感じね。


GM:それじゃあサイコロで経歴を決めていきましょうか。


プレイヤーC: ああ。いや、待ってくれ。これルールブックにはサイコロを振らずに好きに選んでも良いって書いてないか?


GM:はい。おっしゃる通り、もしこんな過去が欲しいとかあれば好きに選んで決めることができますよ。


プレイヤーC:せっかく「守る」って言うイメージで整ってるから、経歴もそれに合わせて選ばせてくれ。


GM:もちろん! では表から好きなものを選んでください。



冒険に出た理由

【 人々を守るため 】

経歴

【 伴侶がいる 】

【 命を助けられたことがある 】

【 目標としている人がいる 】



プレイヤーC: こんな感じだな。


GM: 年齢はどうしましょう? 伴侶がいるなら成人年齢より少し高めにしておいた方が自然かな。


プレイヤーC: じゃあサイコロ振って出た目だけ歳とることにするよ。…5年か。


GM: それだと20歳になりますね。


プレイヤーC: 思ったより若いな。オッサンって呼ばれると怒るかもしれない年齢だ。

 

f:id:omamesensei:20211129201810j:plain

*オスガル・スドヴァネル

 

ドワーフの神官戦士

20歳。

妻帯者。盾神イーヴ神官プリーストに命を助けられ、自分も彼のように人の命を守る戦士になろうと志す。

ドワーフなので歳のわりにはオッサン臭く見えるが、そう言われると怒る。

引用:ソード・ワールド2.5 種族紹介 | 富士見書房公式 TRPG ONLINE

 

 

 

4人目の冒険者《タビットの魔法使い》

 

GM: 事前に説明した通り、今回キミにやってもらうのは立って歩いて喋る魔法使いのウサギさんです。


プレイヤーD: ウサ耳萌え萌え娘でなくモフモフ側に寄せていく会社、グループSNE。そこに痺れる、憧れるぅ!



GM: TRPGについては詳しいみたいだから、基本的な説明はいらないかな。


プレイヤーD: あっ、ひとつだけ気になることがあって。キャラクターシートに書いてある「ソーサラー」と「コンジャラー」って両方とも魔法使いの意味でしょ。何が違うの?


GM: 同じ系統の魔法だけど、真語術師ソーサラーがビーム攻撃や妨害。操霊術師コンジャラーが支援したり人形を動かしたりするっていう違いだよ。


プレイヤーD: ソーサラーの方がレベル高いから若干、好戦的なウサギなわけね。じゃあ、経歴とかのダイスをころころっと。



冒険に出た理由

【 2-6 最強の存在になるため 】



GM & D : (爆笑)



プレイヤーD:「オイラ、最強の魔導師を目指すぜ。」ってコトか。


GM: (大笑い)



【 3-2-4 競い合う友人がいた 】

【 3-5-3 大切な人と生き別れている 】

【 3-2-2 同じ夢を何度も見ている 】

 


GM: なんか若干重たい設定になったね。


プレイヤーD: TRPGではよくあることじゃん。


GM: 名前表はサイコロ振る?


プレイヤーD: いや、自分で決めた。

最強のうさぎを目指すからにはこいつの名前はヴォーパルしかない。


f:id:omamesensei:20211129202801j:plain

*ヴォーパル

 

タビットの魔法使い。

5歳(タビットの寿命は50年ほど)

最強の魔導師を目指して共に修行してた仲間がいた。しかし、故郷の村が魔物に襲われて散り散りになってしまい、それ以来その友とは会えていない。今でも襲われた日の夢を繰り返し悪夢として見ている。

引用:ソード・ワールド2.5 種族紹介 | 富士見書房公式 TRPG ONLINE

 

 

5人目の冒険者《ルーンフォークの銃手》

 

プレイヤーE: 事前調査はバッチリだ。早く始めよう。


GM: いちばん最後になっちゃったから、待たせてごめんね。


プレイヤーE: その間に基本ルールブック1巻を買って読み込んでたから平気。


GM:じゃあルーンフォークの説明もマギテック・シューターの説明もいらないね?

 


とは言え、これを読んでいる方々にはソードワールド2.5に詳しくない方もいるかもしれないよね。

なので、この場を借りて説明しておこう。



ルーンフォークというのは魔法で動く人造生命体だ。

かつて、魔法と機械を組み合わせて大いに発展した文明があった。



その文明の超技術により生み出される人造人間であり、魔動機械の扱いに長ける。


特にこのキャラクターは魔法で弾丸を飛ばす魔動銃ガンを取り扱うことができる。


銃を使うには遠隔攻撃を命中させるための射手シューター技能と、魔法銃や弾丸を取り扱う魔動機師マギテック技能の2つをバランス良く習得しないといけない。

 

 

冒険に出た理由

【 4-4 なりゆき 】


プレイヤーE: ルーンフォークは基本的に人間とかに仕えているメイドロボみたいな立場だから、ほかの誰かの従者としてついてきてるんじゃないかな。


GM: 誰か主人の希望はある?


プレイヤーE:没落女騎士エルフ。


GM:わかった。Bさんのイルセリエが没落して、なりゆきで自分も冒険者にならざるを得なかった感じだね。あとでBさんに聞いておくね。


了承が取れたので、この設定で行くことになった。


【 3-3-3 近所では一番の物知りだった 】


プレイヤーE:このキャラクターは学者セージ技能も持ってるからちょうどいい設定だな。



【 3-1-2 師と呼べる人物がいる 】


プレイヤーE: たぶん、メイド長。



【 2-6-2 自分にそっくりな人を知っている 】



GM: 双子の姉妹みたいな同型機がいるんだろうね。



プレイヤーE:じゃあ苗字の代わりに番号つけよっと。


f:id:omamesensei:20211129203256j:plain

レベッカ=002

 

ルーンフォークの銃手。

稼働3年目。

没落女騎士エルフ、イルセリエの従者。冒険者になった彼女に今も付き従って共にいる。

両手持ちの長射程魔動銃トラドールを愛用している。

引用:ソード・ワールド2.5 種族紹介 | 富士見書房公式 TRPG ONLINE

 

 

 

これで5人のプレイヤーキャラクターが完成した。

次回は物語の導入、彼ら5人が合流するところから…

 

《第2話へ続く…↓》

omamesensei2.hatenadiary.jp

 

 

 

 

広告